MENU

メールマガジン

刀剣について:其の25(孫六と兼定)

2019年06月07日

おはようございます! 
 
金曜日雑学リラックス担当、顧問の坂入です。 
 
 
 
<TZC115>刀剣について:其の25 
 
今週は、美濃の国の関鍛冶の二大名工を記述します。 
 
一人は「関の孫六兼元」、もう一人は「和泉守兼定」です。 
 
 
 
 
(24)美濃の国:孫六兼元(関の孫六) 
 
 
 美濃の国(岐阜)に刀工が集住したのは、室町時代中期以降だと 
 
伝わります。この時期の物は「末関物」と呼ばれています。 
 
 
 関の刀剣は、「数打ち物」と呼ばれる、所謂、量産品が多く遺りま 
 
す。特に、「対明物」として明の国(中国)への輸出用として、加えて 
 
応仁の乱以降の戦後乱世の集団戦の足軽用の武用刀として需要 
 
に応える大量生産だったと言われています。 
 
 
 こんな中で、永正年間(1504~1521年)の刀工「孫六兼元」は、 
 
兼元一門の二代目(孫六としては初代)で、義兄弟の「和泉守兼定」 
 
と共に、戦国時代の関鍛冶を代表するようになります。 
 
 
 作風の特徴は「三本杉」という刃紋を生み出していることです。この 
 
刃紋は、一門の代名詞にもなり、孫六の銘を継承した代々の刀工は 
 
「三本杉の刃紋」をより一層強調して行きました。又、見た目の美しさ 
 
だけでなく、戦国乱世に栄えた要因の最大の特徴は、凄まじいまで 
 
の切れ味だったとも伝わります。 
 
 
 加賀前田家に伝わる孫六作の「二念仏」と言う一振りが有ります。 
 
前田利家の次男「利政」が慶長三年(1598年)に、行列の先を横切 
 
った者を無礼討ちにした際、討たれた者が、念仏を二度唱えてから 
 
真っ二つになって落命したという伝説の名刀でした。 
 
 
 江戸時代の御様御用首切り役の「山田朝右衛門」の「懐宝剣尺」 
 
と追加発行された「古今鍛冶備考」という刀剣のランク付け文書で、 
 
最終的に選ばれた「最上大業物」とされたのは、古刀からは「孫六 
 
兼元」と「和泉守兼定」等だけでした。 
 
 評価 ⇒ 関の孫六:1500万円~ 
 
 
 
(25)美濃の国:和泉守兼定 
 
 
 美濃の国の兼定一門の二代目「兼定」は、前述のように義兄弟の「孫 
 
六兼元」と同時代の刀工で、孫六と同様に戦国時代の関鍛冶を代表す 
 
る双璧だったと伝わります。 
 
 
 初代「兼定」の子として生まれ「之定」と称され、「之定」の銘で作刀

し、後に、和泉守の受領名を受けて二代目「兼定」となっています。 
 
 
 三代目「兼定」は、銘に「定」の字のウ冠を略して「疋」と刻んだことから 
 
「疋定:ひきさだ」とも呼ばれています。初代を「親兼定」、二代目を「和泉 
 
守兼定」、三代目を「疋定」と呼んでいます。 
 
 
 山田朝右衛門から最上大業物と評価されるほどの切れ味だけでなく 
 
闘争の無くなった江戸時代の武将から観賞用としても最高の評価を得て 
 
一門への需要が多くなり、茎に注文名や所持者名を刻ませたとも伝わり 
 
ます。「和泉守兼定」の特徴は、寸が詰まっている二尺そこそこの刀身の 
 
刀が多く、平安な江戸時代での危急時に鞘から抜き打ちしやすいことが 
 
求められたからだとも伝わっています。 
 
 
 *参考:戦国時代の合戦場では、「一挙動で抜刀し、そのまま抜いた 
 
 手で斬撃を浴びせるという、片手打ちという刀法が一般化しました。 
 
 後述する「胴田貫一門」の作刀にも当てはまりますが、二尺二寸前後 
 
 の刀身の長さを「定寸」、つまり、一般的な長さとした戦国期末期は、 
 
 片手で刀を振るう場面が多かったようです。それまでの「太刀」は、刃 
 
 を下に向けて佩刀、つまり、腰に吊るして携行したため、一挙動では 
 
 抜き打つことは不可能でした。刃を上向きにして腰帯に差す打ち刀は 
 
 容易に抜刀可能で、左手を柄に添えることなく、鞘で調整しながら、抜 
 
 いた時そのままの角度で初太刀を浴びせることが可能(片手打ち)な 
 
 のは、此の二尺二寸前後の刀身が最適だったのでしょう。 
 
 
 参考:幕末の刺客で高名を博した「人斬り半次郎」こと、野太刀自顕流 
 
     の「中村半次郎」(桐野利秋)の終生の愛刀が、この「兼定」の一 
 
     振りだったと伝わります。 
 
 
 評価:兼定 ⇒1500万円~ 
 
 今週は、ちょっと長くなりました、悪しからず・・・。 
 
 来週は、子連れ狼:拝一刀の愛刀「胴田貫」を・・・。 
 
       元、6、 7  本日は、私73歳の誕生日です・・・坂入 拝 
 

調査通知は延期できる

2019年06月06日

おはようございます! 
税理士の松嶋と申します。 
 
 
本メルマガは、皆様が怖い怖い 
とおっしゃる税務調査に対し、 
勇気をもって戦えるノウハウを 
解説しております。 
 
 
 
私のパートは【毎週木曜日】です。 
 
税務調査について分かりやすく 
解説していきます。 
 
 
 
 
 
 
それでは、第二百十六回目。 
 
 
テーマは、 
 
「調査通知は延期できる」です。 
 
 
 
 
 
従来、実際に税務調査で問題点を指摘される前までに自主的に修正申告を

 
行えば、「ペナルティである加算税がかからない」という取扱いでしたが、

現在、税務調査の実施の連絡があった後の自主修正については、

加算税は免除されません。 
 
 
 
特に注意しなければならないのは、会社で確認する資料などについても

連絡しなければならないとされる、通常の税務調査の予告(事前通知)

とは異なり、 
 
1 調査を実施する旨

 
2 調査対象とする税目

 
3 調査対象期間 
 
の3つを通知すれば自主修正の制限がスタートする、という点です。 
 
 
 
事前通知は、上記の3点に加えて 
 
調査日時

 
調査をする場所

 
調査対象とする資料の範囲 
 
なども連絡する必要があります。 
 
 
 
ご覧いただくとわかる通り、簡単な事項だけ通知すれば自主修正の

制限がスタートするわけで、国税は事前通知と異なる連絡として

調査通知などと呼んでいます。 
 
 
 
調査日時なども連絡するとなると、調査先との調整が必要になって

時間がかかります。 

 
 
敢えて簡単な通知だけで自主修正を制限するために、敢えて事前通知せず、

調査通知だけすればいいとされているのです。 
 
 
 
結果として、国税から電話があれば、それだけで自主修正は

認められず、加算税は免除されないと覚悟しておく必要があります。 
 
 
 
実際のところ、調査法人との日程調整を依頼すると同時に、 
 
日程調整に先立って、まず調査通知をさせてください 
 
と調査官は言っています。 
 
 
 
ここで問題にすべきは、日程調整もできていないのに、果たして

調査をする旨や調査対象税目について聞く必要があるか、ということです。 
 

 
税務調査の日程調整がどうしてもうまくいかない場合、国税は調査を

延期することがよくあります。 
 
 
 
毎年国税組織では異動がありますし、都合がつかず税理士の調査実施

希望日が国税の繁忙期になるのであれば、調査する実益と対比させて

翌年度に回す、といった対応がなされることもあるからです。 
 

 
このため、調査する予定と連絡しておきながら、実際に調査しない

こともありますので、少なくとも調査日時は決めておく必要があると考えます。 
 
 
 
実際のところ、クライアントとの日程調整を依頼しておきながら、私に

調査通知をしようとした調査官に、日程調整が終わってから調査通知するべき 
 
と主張したところ、調査官はその主張を認めてくれました。 
 
 
 
自主修正の制限は遅い方がいいですから、このような理由で調査通知を

延期することができますので、その旨しっかりと国税に主張しましょう。 
 
 
 
 
それではまた来週!! 
 
 
 
追伸、 
 
わたくし松嶋洋の詳しいプロフィール 
は以下のサイトからどうぞ!! 
 
↓↓↓ 
 
http://yo-matsushima.com/profile 
 
 

研修頼みの考え方について

2019年06月05日

おはようございます。 
 
東京税経センターの市村祐記です。 
 
 
 
 
水曜日担当の私からは毎週 
 
職場によくある「人の問題」について 
 
「人材育成の基本」を踏まえて“あるべき姿” 
 
をお伝えしています。 
 
 
 
 
本日は 
 
「研修頼み」についてお話します。 
 
 
 
 
毎日仕事をしていると 
 
いろいろな問題が起こります。 
 
 
 
例えば部下が 
 
・仕事でミスをする 
 
・職場でコミュニケーションがうまくとれない 
 
・お客様に失礼な対応をする 
 
など… 
 
 
 
先日もある会社のマネージャー職から 
 
このような話を聞きました。 
 
 
 
ある若い女性スタッフがゴールデンウィークの 
 
4日前に体調不良で休みました。 
 
「翌日は来る」と言って 
 
また次の日も体調不良で休みました。 
 
結局ゴールデンウィークまで1日も出社せずに 
 
ゴールデンウィーク明けに出社しました。 
 
 
 
 
まともな仕事の引継ぎも無いまま 
 
お客様の約束も放置して、連絡もまともに取れずに 
 
2週間も休んだため、大きなクレーム問題に。 
 
 
 
「体調が悪いから休んで、何故文句言われなきゃいけないんですか? 
 
私が何か悪いことをしたのですか?」 
 
職場のリーダーが事情を聞くと若い女性スタッフはそう言って 
 
まともに話をしようとしません。 
 
 
 
 
リーダーがその状況を上司(女性管理職)に内容を伝えると 
 
女性管理職はリーダーに 
 
「こんな時はちゃんと締めなきゃダメよ!一体なにやってんの!!」と 
 
怒鳴りつけると、鼻息を荒げて若い女性スタッフとの面談にむかいました。 
 
 
 
結果は… 
 
若い女性社員の事情も聞かずに感情にまかせていきなり頭をたたいてしまい、 
 
話をする以前にパワハラ騒ぎになり、泥沼状態になってしまいました。 
 
(叩くことは絶対にやってはいけません 訴えられたら完全にアウトです) 
 
 
 
 
上席者にきつく注意を受けた女性管理職は、そのあとマネージャーに 
 
「若い女性スタッフにちゃんと研修を受けさせて、考え方を治さなくちゃね」 
 
「わたし達も研修を受けて部下の対応方法を勉強しなくちゃね」 
 
と言っていたそうです。 
 
 
 
この女性管理職は何か問題を起こすたびに 
 
「研修を受けましょう。勉強しましょう。」が口癖なのだそうです。 
 
 
 
 
このように研修で全ての人が「うまくいく」と信じている人も 
 
いるので私なりの意見を言わせて頂くと、 
 
 
“研修は万能薬ではない”ということです。 
 
 
以前、研修を任されていたころにずっと先輩講師に言われていました。 
 
 
 
 
もし、レベルアップを真剣に考えている人に 
 
その「考え方」や「やり方」を研修で分かり易く導くことが出来れば 
 
その効果は大きいといえるでしょう。 
 
 
 
 
しかし、研修を受ける対象者がマイナス思考の場合、例えば 
 
「自分が楽をすることしか考えない」 
 
「こんな職場は嫌いだから混乱すればいい」 
 
と考えるている人間だとしたら、どんなに素晴らしい研修であっても 
 
効果はゼロ或いはとても低いものになるでしょう。 
 
 
 
 
 
では、改善には研修頼みではなく、もっと大切なモノはなんでしょうか? 
 
私が思うには 
 
 
“気づき”です。これが行動のトリガー(引き金)になると思います。 
 
例えば「私は周りにとんでもない迷惑をかけていたんだ!」といった 
 
言い換えると「その人個人の“パラダイムシフト”」です。 
 
 
その後に、深い理解→強い反省→変わらなきゃ 
 
というようになっていくのが一般的だと思います。 
 
 
 
 
簡単に言えば、「人は教えられて変わるのではない。 
 
自分で“変わらなきゃだめだ”と思って初めて 
 
変わることが出来るのだ」と思います。 
 
 
 
 
だから最高の講師は「謙虚な自分の心」ということが出来ます。 
 
(謝れない(反省できない)人はなかなか成長できません) 
 
 
 
 
女性管理職は相手を叩いてしまった自分を反省すると共に 
 
人として何が悪かったのかに“気づく”必要があります。 
 
さらに、話を前向きに進めるために自分がどうあるべきか 
 
深く理解し、変わる決意をする必要があると思います。 
 
 
 
 
でなければ、部下を指導する研修を受講したとしても 
 
感情を抑えきれずに同じ失敗を繰り返すことでしょう。 
 
(現に似たような失敗を繰り返しているようです) 
 
 
 
 
話を元に戻しますが、それでもどんな人でも研修を受講する価値は 
 
あると思います。 
 
 
 
なぜなら人の“気づき”はどこで起こるかわからないからです。 
 
 
 
 
例えば、許されるものならば良い研修があれば受けてもらうべき 
 
だと思います。さらには、仕事のなかでも「きっと良くなって欲しい」 
 
という気持で先輩は後輩に「考え方」や「やり方」を教えるべきです。 
 
 
 
いろいろな場面で“あるべき考え”や“優れた仕事の進め方” 
 
に触れていくうちにどこかで、思わぬ“気づき”があれば、それは 
 
本人にとって「一生もののお宝」になるかもしれませんし、 
 
会社にとっても大きな財産(人財)になるかもしれません。 
 
(良い研修やいい講師はいい“気づき”を与えてくれるものです) 
 
 
 
そう考えると、研修の受講ももちろん検討すべきでしょうが、 
 
やはり先輩や上司が責任をもって育成し、「研修任せにしない」 
 
ことが大切だと思います。 
 
(意外と上司や先輩が部下や後輩に教えられることも多いかもしれません) 
 
 
 
 
 
“馬を水辺に連れて行くことはできるが、水を飲ますことは出来ない” 
 
byイギリスのことわざ 
 
 
 
 
 
馬に例えるのは気が引けますが、言いたいことは 
 
「自分でやる気になる」これ以上はありません!! 
 
 
 
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。 
 
 
次回をお楽しみに! 
 
 
 
 
 

滞納税金は年金差押で回収できる!?

2019年06月04日

おはようございます! 
東京税経センターの徐です。 
 
 
先週末は5歳の末っ子とはるばる大阪まで 
二人旅をしてきました。 
 
目的地はユニバーサルスタジオジャパン。 
の中のミニオンパーク。 
 
 
夜間はアメックスの貸切イベントだった 
ので乗り物にはなんとか乗れたものの、 
いや~疲れました。 
 
 
 
それにしてもヤ●ザなテーマパークです。 
 
幼い子供を人質にして高いミカジメ料を 
ふんだくるビジネスモデルは某ネズミの国 
と何ら変わりありません・・・ 
 
 
ま、子供の喜ぶ顔が見れればそれでOK。 
ヤ●ザもミニオンもネズミもドンと来い! 
てなもんです。 
 
 
 
さて、移動はもちろん新幹線。 
子供は寝てるし、ビールも長く飲めないし、 
ということでためていた雑誌を一気読み。 
 
 
 
こんなヤ●ザなニュースを発見しました! 
 
 
--------------------- 
 
 
年金生活者Aさんは固定資産税2000円を長く 
滞納していました。 
 
 
2016年4月14日のAさんの預金残高は465円。 
翌15日に年金が入金して約9万円になりました。 
 
 
同日、前橋市がこの預金のうち2000円を差押処分。 
債権回収に成功です。お見事!! 
 
 
 
 
怒ったAさんは法廷に訴えます。 
 
いやいや、年金は差押え禁止でしょう! 
(国民年金法24条、厚生年金保険法41条) 
 
 
 
前橋市が反論します。 
 
いえいえ、確かに年金受給権は差押禁止だけど、 
年金が振込まれた先の預金は単なる預金債権。 
 
振り込まれたお金は確かに年金だけど、口座に 
入金された時点で預金債権に性質が変わるのよ! 
 
 
 
 
ということで、 
年金を狙ったとは認められないため、前橋市の 
差押え処分は有効です!(東京高裁2018.12.19) 
 
 
 
 
 
参考記事: 
T&Amaster2019.3.18『年金振込後の預金差押えを適法と判断』 
 
 
--------------------- 
 
 
 
う~~~ん。 
ちょっと異常な滞納処分と思います。 
 
 
 
まあ2000円を滞納していた納税者にももちろん 
問題アリですが、たった2000円を滞納処分する 
ために預金を差押する前橋市も大人げない。 
 
 
 
この2000円の滞納処分が確定されるために 
どれだけの税金が使われたのでしょうね・・・ 
 
 
人件費、裁判費用、郵便代、印紙代、エトセトラ 
むむぅ・・・”(-“”-)” 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
来週もお楽しみに!! 
 
 

消費者還元事業って?

2019年06月03日

おはようございます!
東京税経センターの井本です。
 

突然ですが、
3月決算という繁忙期も過ぎたので
今週はお休みを頂いています。 
 

GWは何かと高すぎて動けず、
来月からの夏休みシーズンも
エアチケットが高く時期だし 

 
子どもも小さいので
この時期にちょっと早い
夏休みをいただきます。 

 
とはいえ、
それでも休めないのが
このメルマガ。。。 

 
ということで、今日もまた
有益な情報を届けたいと思います。 
 

前回まで3回連続で続いた 
『小規模事業者持続化補助金』の
応募締切が今月6月12日と
口すっぱくかいていましたが、 

 
同じく大人気の
『IT導入補助金』のA類型の締切もまた
同日6月12日でしたので 

 
ぜひ、広告をかけて売上を上げたい方は
『小規模事業者持続化補助金』を 

 
ITシステムを使って
生産性を向上させたい方は
『IT導入補助金』を 

ご活用くださいね。 
 

さて、消費税増税が
目前に迫っているので
今回はそれにまつわる
補助金についてです。 

 
1つ目はいわゆる『レジ補助金』 

軽減税率対応のレジの導入については
20万円を上限に3/4(タブレット型は1/2)が補助されます。
(1事業者について最大200万円!)

 
この補助金は消費税増税前夜の9/30が応募締切です。 

 
また、この消費税増税に伴い
他国から大きく後れを取っている
「キャッシュレス化」を
日本としては推し進めたいので 

 
『消費者還元事業』という名のもと 

 
今年の消費税増税の
10月1日から9ヶ月間の間 

中小・小規模店での 
クレジットカード、デビットカード、
スイカなどの電子マネー、
QRコードやモバイル決済など 

要は現金以外の決済方法で決済すると 

 
5%のポイント
(大手フランチャイズ店だと2%)を
国が還元しちゃうという 

 
ポイント(還元)の
大盤振る舞いが始まります。 

 
また、店舗側も
必要な決済端末を実質負担ゼロで
導入することができます。 

 
店舗側にとって 
とーっても気になる決済手数料は 
各決済業者によって異なりますが 

3.25%を上限と設定して、
かつ、その手数料についても
国が1/3を補助してまう! 
ということになっています。 

(計算上、店舗側の決済手数料の負担は
実質2.17%ということになるかと。) 

 
ただし、こちらの1/3の補助も
同じく9ヶ月間、2020年6月いっぱいまで
ということですので 

それ以降については
いわば梯子を外されて
全て店舗側の負担になります。 
 

「うち、カードやってないんですよね。」 

 
会計の時にしばし聞くセリフです。 

その気持ち、良くわかります。 

決済手数料って高いですし
その分利益が減るわけですからね。 

 
でも、カードを切る消費者側にたって
考えたらどうでしょう? 

同じサービス、クオリティだったら 

5%ポイント還元される方に
流れてしまいますよね・・・ 

 
ということで、
小規模の飲食店などは 

この消費税増税で
合わせてキャッシュレス決済の導入の是非についての
経営判断が迫られることになります。 

 
また、既にキャッシュレスに
対応している店舗については 

今の決済事業者に連絡して
加盟店IDが発行されているかどうかを
確認する必要があるようです。 

 
それにしても
PayPayのポイント還元
キャンペーンではないですが 
情報をキャッチしておいたほうが
お得なことって沢山ありますね。。。 
 
 
 

さあ、6月が始まります。
今週も頑張っていきましょう! 

1 2 3 4 5 6 19