MENU

メールマガジン

金の密輸と消費税の関係!?

2019年05月21日

おはようございます! 
東京税経センターの徐です。 
 
 
GW10連休明けから2週間、まだなんとなく 
アルコールが体内を巡っているような気が 
しているのはワタクシだけでしょうか…? 
 
 
連休明けといえば、トランプショックで 
株式市場も為替市場も揺れに揺れ、 
 
マーケットのみならず日本国内の景気も 
先行き不安な状況です。 
 
景気動向指数も6年2ヶ月ぶりに悪化して 
下方修正されました。 
 
 
ブルームバーグ: 
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-13/PR4KD06TTDS001 
 
 
 
 
 
そんな中、 
 
「このタイミングで消費税10%大丈夫?」 
 
という声も上がり始め、再々延期について 
国民に信を問う解散総選挙の噂も・・・ 
 
 
 
 
お客様からも、 
 
「ホントに消費税増税するの?」 
「もっと景気が悪化すればねぇ・・・」 
 
な~んて声がチラホラ。 
 
 
 
う~ん、気持ちはイタイほど分かります。 
でも、また増税延期の事態になったら 
ホント日本経済どうなることやら・・・ 
 
 
 
 
さて、そんなこんなで消費税について 
のニュースをあちこち調べていたら、 
 
ちと方向性は違うけど、消費税に関連 
したあるニュースに出くわしました。 
 
 
 
------------------- 
 
 
阪神などで活躍し盗塁王にも輝いた 
元プロ野球選手の大野久元選手が、 
 
金の延べ板3枚(3㎏1350万円相当)を 
香港から密輸しようとしたとして、 
関税法違反・消費税法違反で略式起訴。 
 
 
罰金50マンエーン!!! 
 
 
 
 
記事によると、大野サン夫妻は関西空港 
の税関検査で、 
 
 
「私たち香港行ってきたんですよー!」 
「さあさあ見てくださーい!」 
「え?偽ブランド?? 
 そんなん買うわけないじゃないデスかー?」 
「ホラ、こっちのカバンも見て見て!!」 
 
 
と、自ら荷物の中身を大判振る舞いで見せた 
そうで、その必要以上に積極的な姿勢が 
税関職員に不審に思われた結果、 
 
妻のジーンズのポケットの異様な膨らみ 
に気付いた職員が身体検査したところ、 
金の延べ板を発見。 
 
 
 
サンスポは 
 
「走塁で見せた盗塁王の積極性が、 
 税関検査ではあだになったのか…」 
 
と、上手いんだかなんだかビミョーな 
コメントで笑いを誘っています。 
 
 
 
SANSPO.COM(サンスポ): 
https://www.sanspo.com/geino/news/20190314/tro19031405030001-n1.html 
 
 
 
 
 
 
この密輸取引の仕組みはこうです。 
 
 
登場人物:A(大野サン) 
     B(日本の金地金業者) 
     C(Aの仲間) 
 
 
 
Aが香港で金地金1000万円を購入し、日本へ密輸 
 
↓ 
 
Aが日本の金地金業者Bに金を1080万円(消費税込)で売る 
 
↓ 
 
Bが香港に金を1000万円(輸出免税)で輸出 
 
↓ 
 
Bは消費税80万円を税務署から還付 
 
↓ 
 
Cが香港金地金1000万円を購入し、日本へ密輸 
 
↓ 
 
Cが日本の金地金業者Bに金を1080万円(消費税込)で売る 
 
↓ 
 
・・・・・・ 
 
 
 
 
と、消費税法の仕組みを利用した悪質な 
儲けの無限ループとなります。 
 
 
80万円はAとB、CとBで仲良く分ける 
のでしょうかね? 
 
それともAやCはただの運び屋かな?? 
 
 
 
 
とにかく、香港など金取引に消費税などの 
税金がかからない国で購入した金を日本へ 
密輸し、これを日本国内で売却すれば上乗せ 
された消費税分の利ざやが稼げます。 
 
それも、半永久的に・・・ 
 
 
 
 
ま、金でなくても大枠は同じ。 
 
高級時計でもよし。 
高級車でもよし。 
 
 
参考までにこんな記事も・・・ 
https://www.zenshoren.or.jp/zeikin/shouhi/111212-01/111212.html 
 
 
 
あ、ワタシはこの記事の団体とは一切 
無関係ですのであしからず。 
 
このようなモノの見方もあるよ、という 
参考程度に見てください。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
来週もお楽しみに!!