MENU

メールマガジン

滞納税金は年金差押で回収できる!?

2019年06月04日

おはようございます! 
東京税経センターの徐です。 
 
 
先週末は5歳の末っ子とはるばる大阪まで 
二人旅をしてきました。 
 
目的地はユニバーサルスタジオジャパン。 
の中のミニオンパーク。 
 
 
夜間はアメックスの貸切イベントだった 
ので乗り物にはなんとか乗れたものの、 
いや~疲れました。 
 
 
 
それにしてもヤ●ザなテーマパークです。 
 
幼い子供を人質にして高いミカジメ料を 
ふんだくるビジネスモデルは某ネズミの国 
と何ら変わりありません・・・ 
 
 
ま、子供の喜ぶ顔が見れればそれでOK。 
ヤ●ザもミニオンもネズミもドンと来い! 
てなもんです。 
 
 
 
さて、移動はもちろん新幹線。 
子供は寝てるし、ビールも長く飲めないし、 
ということでためていた雑誌を一気読み。 
 
 
 
こんなヤ●ザなニュースを発見しました! 
 
 
--------------------- 
 
 
年金生活者Aさんは固定資産税2000円を長く 
滞納していました。 
 
 
2016年4月14日のAさんの預金残高は465円。 
翌15日に年金が入金して約9万円になりました。 
 
 
同日、前橋市がこの預金のうち2000円を差押処分。 
債権回収に成功です。お見事!! 
 
 
 
 
怒ったAさんは法廷に訴えます。 
 
いやいや、年金は差押え禁止でしょう! 
(国民年金法24条、厚生年金保険法41条) 
 
 
 
前橋市が反論します。 
 
いえいえ、確かに年金受給権は差押禁止だけど、 
年金が振込まれた先の預金は単なる預金債権。 
 
振り込まれたお金は確かに年金だけど、口座に 
入金された時点で預金債権に性質が変わるのよ! 
 
 
 
 
ということで、 
年金を狙ったとは認められないため、前橋市の 
差押え処分は有効です!(東京高裁2018.12.19) 
 
 
 
 
 
参考記事: 
T&Amaster2019.3.18『年金振込後の預金差押えを適法と判断』 
 
 
--------------------- 
 
 
 
う~~~ん。 
ちょっと異常な滞納処分と思います。 
 
 
 
まあ2000円を滞納していた納税者にももちろん 
問題アリですが、たった2000円を滞納処分する 
ために預金を差押する前橋市も大人げない。 
 
 
 
この2000円の滞納処分が確定されるために 
どれだけの税金が使われたのでしょうね・・・ 
 
 
人件費、裁判費用、郵便代、印紙代、エトセトラ 
むむぅ・・・”(-“”-)” 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
来週もお楽しみに!!