お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



街中で絡まれたら(2018/04/23)


 

 

 

 

おはようございます。
東京税経センターの井本です。

 

先週も
空手の稽古と
高尾山の登山、
そして子供のサッカー教室のお手伝いなどで
体を存分に動かしていました。

 

登山では2歳の長女も初挑戦!

無事高尾山口駅から頂上まで完歩し

 

子供の体力の凄まじさを
目の当たりにしました。

 

おかげで万一のために用意した
約8kgのベビーカーを無駄に山頂まで
持ち上げることになりましたが
親としては嬉しい限りです。

 

苦手なランをやらずに
楽しみながら足腰を強化できたと思います。

 

さて、今日は”戦い”についてです。

 

税務調査ではなく、街中のです。

 

というのも先週金曜日に
ちょっとした受難がありました。

 

いつも通勤に使っている
痴漢電車で有名な埼京線、

 

利用者の多さから
痴漢だけでなく喧嘩にも時に遭遇します。

 

そのトラブルにまさか自分が・・・
というときの話です。

 

まずは簡単に経緯を。

 

相手はお酒を飲まれた
若いサラリーマン。

 

池袋駅から
発車寸前の大宮方面の埼京線に
乗り込むときに、

 

扉付近に乗っていたその方は
私が入れないように
外に体重をかけて
押し出そうとしてきました。

 

私としては
ぎゅうぎゅうではないと確認して
軽く一礼してから乗ったので、

 

まあまあまあという感じで
そのまま抵抗を受けながらも
相手に背を見せながら乗りこみました。

 

発車してからも、

 

なんか膝裏から腿あたりに
圧迫を受けるなー、

 

なんて思いつつ
よくよく見てみると

 

彼の堅い鞄越しに
膝を押し付けて
こちらに体重を
あびせていたのでした。

 

地味な嫌がらせを受けながらも

 

面倒なことが起こるのもやだなー

 

そう思い、

 

揺れが起こったのを利用して

 

少し自分の位置を
扉の右端だった所から
扉中央当たりにずらし、
(つまりスペースは十分にあるのです。)

 

その方と若干でも距離を取ろうとしたら
追い駆けるようにしつつ
しまいには左手も上げてきて
腕でも押してきました。

 

仕方がないので
その押してくる手の肘を
軽く前に捌(さば)いて
体を入れ替え、

 

私が彼の背後を取る位置に
自然に回り込みました。

 

さあ、どうしてくれようか・・・

 

なんて思っていたら

 

駅に到着し、その方は
急いで改札口に向かいました。

 

私も降りる駅だったので
出口は逆方面だったのですが、

 

少し追ってみようかなと思い
彼の後を付いていきました。

 

が、彼も後ろを
何度も振り返りながら
近くのコンビニに入っていったので

 

追っている自分も
馬鹿らしく思えて、

 

そのまま今回の件は終了としました。

 

大人だった自分を褒めてやりたい

その一方で、

悶々とする自分がいるわけです(笑)

 

いったい私はこの時
どう対処すればよかったのでしょうか・・・?

 

その答えを
たまたま近所で遭遇した
警視庁に勤める
友人に相談しました。

 

彼の回答は以下の通りです。
(なお、ここからの話はあくまで聞いた話ですので
利用する場合には自己責任でお願いいたしますね!)

 

まずは周りの人も
その状況を見ていることを確認して

 

何ですか?
痛いじゃないですか、
私に暴行を加えているのですか!?

 

と、当人にはっきりと言います。

 

次に周りの人に、

 

見ていましたよね?
私になんか暴行を振るっていましたよね?

 

と確認しつつ、

 

すみません、調書を書くのに
おそらく2、3時間ほどかかりますが
報酬をお支払いしますので
この現場の証言を
していただけないでしょうか?

 

と協力を仰いでくれる
全くの他人の証人を確保します。

 

なお、この場合の報酬は
4時間までなら1万円の報酬を
警察側が証人に対して
支払ってくれるそうです。

 

で、再び当人に対して、

 

今、私に対して
正式に謝罪しないなら、
私も毅然とした対応をとります。

 

あなたの今の行為は
刑法第208条による暴行に該当しますので
刑事訴訟法第213条に基づき
現行犯逮捕します。

 

と言って、
身柄を確保します。

 

(刑法第二百八条
暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、
二年以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金
又は拘留若しくは科料に処する。)

 

(刑事訴訟法第二百十三条
現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することができる。)

 

この際、
打撃を使わなければ
腕十字固めなど
少々手荒なことをしても
身柄確保のためであれば
大丈夫のようです。

 

ということで、
万一に備えて
組技を磨きましょう(笑)

 

 

さあ、いかがでしたか?

 

法律を知っていることの強み
加えてその法律の実務的取り扱いを
知る者の強みというものが
上記の会話例から伝わってきたのは
私だけでしょうか?

 

本当に喧嘩なんかしてはいけません。

 

けど、自己の尊厳を守るために
知っておくべき知識かもしれないと思い
敢えて共有しました。

(暖かくなってくると自然と増えてくるので)

 

 

ところで、
私たちの本当の戦いの場は、
本職では税務調査です。

 

春の税務調査の対応は
まだまだ続いています。

 

税法の知識とこれまでの経験、
頼れる徐と税理士の高橋、
そして時に坂入先生、松嶋先生ら
顧問のアドバイスを頂きながら
調査対応していきます。

 

トラブル防止のために、
そしてトラブルになっても

TZCにGo!ですね!

 

さあ、今週終わればゴールデンウイークです。
来週分まで頑張っていきましょう!

 

★英語版ウェブサイトを開設しました! → http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/1948/2087
Our English website is now available!


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=