お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



「目的達成」と「忘れる」考察(2018/04/18)


 

 

 

 

おはようございます。
相馬です。

 

 

他人とのコミュニケーションの中で、
つい感情が出てしまう人がいます。

 

イライラしたり、
怒ってしまったり、はたまた
自己正当化をしてしまったり。

 

 

多くの場合、

このようなコミュニケーションで
何か生産的なアイデアや、
望むような結果が得られることは稀です。

 

ところで、最初から相手と
仲が悪くなるために
コミュニケーションを取ろうとする人など
いるのでしょうか。

 

 

同じ人間ですから
できれば好かれたいし、
自分を尊重してもらいたい。

 

 

その延長で何かしらの利益が
享受されれば最高の結果と
言えるでしょう。

 

 

そう、多くの人は本来の目的を「忘れ」て、
目先の自己重要感に支配されてしまいます。

 

 

相手よりも自分の話しが「重要」であり、
セールスよりも自分の自慢話が「重要」であり、
その後の信頼関係よりも、
今の心地良さを「重要」と捉える。

 

 

ベースにある「あり方」が
自分>相手ですから、

 

得たいものも得られずに
心にしこりを残すことになります。

 

 

ところで、この問題の本質は、
本当に目的を「忘れ」ていること
なのでしょうか。

 

 

何か物事を忘れるためには、
その「対象」が必要になります。

 

 

目的を「忘れる」ためには、
普段から目的を描いている必要があり、

 

 

それが出来ていなければそもそも目的を
「忘れる」ことなど
できないのではないでしょうか。

 

 

忘れるべき目的がないからこそ「弱者」は
場当たりの対応がコード(常識)となり、

 

 

例え振り幅はあったとしても、
今の状況を大きく変えるには至りません。

 

 

翻って、逆算がコードである「強者」は
常に何歩も先から物事を考えますから、
わざわざ自分の感情を吐露することなどなく、

 

 

ひたすら自分を「薄め」て
目的達成に没頭していきます。

 

 

弱者は「感情」に支配され、
自己重要感を満たし、

 

強者は「逆算思考」で
自己重要感を薄める。

 

 

ある意味「逆算」のない戦略は
戦略とは呼べず、

 

それをやり続けることで
むしろ成長を遅らせてしまうことに
なります。

 

 

セールスやマーケティングにおける
最重要のマインドセットですので、
是非皆さまも考えてみてください。

 

 

相馬浩基

★英語版ウェブサイトを開設しました! → http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/1935/2087
Our English website is now available!


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=