お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



セールスとAIの限界 考察(2018/03/14)


 

 

 

 

おはようございます。

 

相馬です。

 

 

AIが人間の仕事を奪う。

 

 

現在、ネットや情報誌で
まことしやかに囁かれています。

 

 

タクシー運転手や事務作業員、
銀行の融資担当、テレアポや保険の
セールスマンに至るまで、

 

ありとあらゆる業界で
AIが台頭するであろうと。

 

 

確かに、単純でパターン化された
業務に関しては、予想に近くなるかも
知れませんが、

 

 

この評価はあまりにも
時期尚早だと私は考えています。

 

 

特にセールスですね。

 

 

確かに「型通り」のテンプレート
(ストーリー、ベネフィット、限定性、
オファー)などを模倣した
セールストークであれば、

 

 

いくらでもAIは
コピー出来てしまうでしょう。

 

 

一方で、いくら完璧にコピーしたところで、
実際に売れるかといえば、
それはまた別の話です。

 

 

以前、深夜のテレビショッピングで
「売れる」シナリオを、

 

そっくりそのままアンドロイド
(たしかマツコドロイド)に話してもらい、
売上を比較する企画がありました。

 

 

結果は予想通り、
アンドロイドの惨敗でした。

 

 

やはり、人間だけが持ち得る
表情や独特の抑揚、

 

 

その雰囲気やオーラを
AIが再現できるわけもなく、

 

 

結果的に不自然さと違和感だらけの
トークにならざるを得ない。

 

 

このへんの表現は人間ですら
「言語化」できない訳ですから、
AIであればさもありなん。

 

 

一方で、このような「技術的」な課題よりも
見逃せない事実があります。

 

 

以下、ある銀行員が書かれたコラムから
1部を引用させていただきます。

 

「インフレに備えて資産運用しましょう」
「年金だけでは不安ですから自分で運用しましょう」

 

そんな定型のセールストークに
どれだけの意味があるというのか。

 

セールスとは、人と人との
コミュニケーションである。

 

「投資なんて儲かりませんよ、
ほとんどの人は損をしています、
でも面白いですよ!」

 

そんなセールストークで、
トップセールスに立つこともできるのだ。

 

私はこうした経験を通じて
「マニュアル」を一言一句違わずに
暗記することが、

 

いかに馬鹿げたことか
痛感せずにいられない。

 

 

 

そう、ノウハウで売れるような時代は
とっくに終わっていますし、

 

 

そのような「売り方」を寄せ集めたAIなど、
怖れるに足らず。

 

 

つまり、これからはコンテンツよりも、
サービスよりも「売り方」を
磨いていかなければならないということ。

 

私たちは、未だ人間が到達していない
「言語世界」をこれからも
極めて参りましょう。

 

 

相馬浩基

★英語版ウェブサイトを開設しました! → http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/1792/2087
Our English website is now available!


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=