お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



征夷大将軍(第5回)(2018/03/02)


 

 

 

 

おはようございます!
東京税経センター顧問の坂入です。

 

征夷大将軍の5回目です。

 

征夷大将軍は、源氏の末に限られました。

 

下克上の戦国時代に「武力で天下を統一して、戦国

の世を平定したい」という強い意志の下に、全国に群

雄割拠した諸国の守護大名の中から突出してきた「織

田信長」は、「駿河の今川」、「美濃の斉藤」「畿内の三

好:松永」「近江の浅井」「越前の朝倉」等々を討伐して

時の足利幕府15代将軍(歴代では30代)「足利義昭」

を立てて上洛(京の都に凱旋すること)しますが、自らが

統領となるため、足利幕府からの「副将軍」へとの要望を

拒否し、都に近く反勢力となった「石山本願寺」派の一向

宗徒の抵抗を鎮圧し、朝廷からの「従三位権大納言」兼

「右近衛大将」に就任しました。

 

右近衛大将とは当時の朝廷の武を担う公卿最高位の

職制で「武」の統領たる「征夷大将軍」とは異なり、三位と

いう御所に参上することも可能な地位と併せて、真の意味

で公家の身分となりました。

 

つまり、征夷の為の臨時の武力の頭領たる征夷大将軍

よりも格上の身分となったのです。

 

一方の理由には、「織田家」は、平氏の末裔であったこと

から「源氏の末」でなければ征夷大将軍にはなれない定め

から、源氏の末であった足利氏に代わって征夷大将軍には

なれなかったという要因の結果でもあったのです。

 

その後の「豊臣秀吉」は、その出自が武士ではなかったこ

とから、将軍の宣下申請は行わず、公卿の養子となることで

「関白」という公卿の執政職へと昇任しています。

 

平氏の末は征夷大将軍にはなれない定めとは、武力を背

景として横暴を極めて、皇位を簒奪しようとした平氏を朝敵

とし、朝廷の依頼で源氏が平氏を討伐した功績から、以来、

征夷大将軍は源氏だけに許されるものとなったことを言い

ます。

 

・・・後の世の「徳川家康」が自らを清和源氏の末裔と

自称して、足利家末裔の「吉良家」の仲介で、征夷

大将軍への就任要請したのも、この理由からでし

た。・・・

 

応仁の乱で始まったと言われる下克上の戦国時代の終焉

を実現させた「徳川家康」は、大阪の陣で豊臣家を廃絶し、

そのまま京の二条城で自らの征夷大将軍の宣下を待ち、

実現と同時に「江戸の徳川幕府」を創設し、将軍位は徳川

家代々による継承という事実を天下に宣言するため、自ら

の就任の2年後に、早々に嫡子(事実上は三男)「秀忠」に

徳川幕府将軍の第2代目を譲位しました。

 

足利義昭は前述のように、征夷大将軍第30代目でしたの

で、家康は31代、秀忠は32代となります。

1603年(慶長八年)第31代征夷大将軍 徳川家康
位階:従一位右大臣⇒正一位東照大権現

1605年(慶長十年)第32代征夷大将軍 徳川秀忠
位階:従一位右大臣近衛大将
⇒正一位太政大臣

徳川家については、来週へ・・・。

30、3、2 金曜日雑学担当 坂入 拝

 

★英語版ウェブサイトを開設しました! → http://tokyozeikei.jp/en/
Our English website is now available!


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=