お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



征夷大将軍について(第4回)(2018/02/23)


 

 

 

 

おはようございます!
金曜日担当、顧問の坂入です。

 

征夷大将軍の4回目です。

 

阪上田村麻呂によって征伐された「阿弖流為(アテルイ)」を

統領とした陸奥の国の蝦夷は、その後、朝廷の出先である「

多賀城」を拠点とした朝廷軍に帰順した形で存続し、抵抗軍の

武力は小集団に分けられて、西国の「防人」を代表とする全国

の荘園や集落の防備要員として分散配置されました。

 

陸奥の国のその後は、赴任してきた行政官である「藤原氏」や

「源氏」などと人的交流を行いました。

 

797年の第二代征夷大将軍「坂上田村麻呂」以降は、征夷

大将軍の任命は行われませんでした。

 

人的交流の結果奥州平泉の「藤原三代」によって独自の文化

が花開きます。この間、「前九年の役」「後三年の役」での身内

の権力争いに「源氏」の関与を受けながらの藤原三代でした。

この「前九年の役」や「後三年の役」で活躍して、関東武士の

頭領的立場に立った「源氏」は、朝廷内の権力闘争に関与して

一族を皇室に組み入れようと策した「平氏」を、朝廷の命を受け

て武力で以って討伐して、坂上田村麻呂以来400年後に「源頼

朝」が、坂東の地「鎌倉」に幕府を開き、征夷大将軍の宣下を受け、

就任しました。

これが第三代征夷大将軍です。

 

頼朝の鎌倉幕府によって、征夷大将軍は、単に夷を征伐する

ための朝廷軍の総指揮官ではなく、武士集団全体の頭目という

意味合いが強くなりました。

 

武の象徴的立場となった征夷大将軍は、幕府の執権としての立

場の強化で、「政治の統領、つまり、権力から権威への変化が生

じました」、全国の「地頭(地方行政官)」の配置権を得て(執政権

の剥奪)行くことになりました。

 

また、同時に、朝廷を自らのものに策した平氏を討伐し、朝廷の

権威を源氏が回復した功績から、「征夷大将軍の職制は源氏に

限られる」との言質を得るに至りました。

 

鎌倉幕府から足利氏へと将軍職は継承され、足利氏の公家

化による武士の統領としての征夷大将軍の権威の衰退ととも

に、地方豪族(守護大名)による権力争いに拍車がかかり、爾

来・応仁の乱から百年の下克上(武力によって子が父を廃し、

家来が主人を廃すること)の争いが、地方豪族や守護大名が

群雄割拠して、戦国時代を招きました。

 

鎌倉幕府から以降の征夷大将軍を調べました。

 

1192年(建久3年)第三代 征夷大将軍 源頼朝
1202年(建仁2年)第四代  ;  ;    源頼家
1203年(建仁3年)第五代  ;  ;    源実朝
1226年(嘉禄2年)第六代  ;  ;    藤原頼経(九条)
1244年(寛元2年)第七代  ;  ;    藤原頼嗣(九条)
1252年(建長4年)第八代  ;  ;    宗尊親王(宮将軍)
1266年(文永3年)第九代  ;  ;    椎康親王( ;   )
1289年(正応2年)第十代  ;  ;    久明親王( ;   )
1308年(徳治3年)第十一代   ;    守邦親王 ( ;    )
1333年(元弘3年)第十二代   ;    護良親王( ;   )
1335年(建武2年)第十三代   ;    成良親王( ;   )

・・・・・南北朝⇒足利幕府へ

1338年(建武5年)第十四代   ;    足利尊氏
(1339年延元4年十四代興良親王(南朝)
1352年(正平7年)第十五代   ;    宗良親王(南朝)
1359年(延文3年)第十六代   ;    足利義全
1369年(応安元年)第十七代   ;    足利義満
(1386年原注年十七代尹良親王(南朝)
1395年(応永元年)第十八代   ;    足利義持
1423年(応永30年)第十九代  ;    足利義量
1429年(正長2年)第二十代   ;    足利義教
1442年(嘉吉2年)第二十一代  ;    足利義勝
1449年(文安6年)第二十二代  ;    足利義政
1474年(文明5年)第二十三代  ;    足利義尚
1490年(延徳2年)第二十四代  ;    足利義材
1495年(明応3年)第二十五代  ;    足利義澄
1508年(永正5年)第二十六代  ;    足利義稙
1522年(大永元年)第二十七代 ;    足利義晴
1547年(天文15年)第二十八代 ;    足利義輝⇒剣豪将軍
1568年(永禄11年)第二十九代 ;    足利義昭

・・・・・ここで「足利幕府」は消滅しました・・・・・

足利氏に代わって武によって戦国の世を平定した「織田氏」は
平家の末裔であったことから「征夷大将軍」にはなれず、その後
を継承した「豊臣氏」は、武家の出ではなかったことから、公卿の
養子となり「関白」となっています。

30.2.23 金曜日雑学担当 坂入 拝

 

★英語版ウェブサイトを開設しました! → http://tokyozeikei.jp/en/
Our English website is now available!

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=