お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



ゴリ押せば何とかなることでいいのか?(2018/02/22)


 

 

 

 

おはようございます!
税理士の松嶋と申します。

 

本メルマガは、皆様が怖い怖い
とおっしゃる税務調査に対し、
勇気をもって戦えるノウハウを
解説しております。

 

私のパートは【毎週木曜日】です。

税務調査について分かりやすく
解説していきます。

 

 

 

それでは、第百五十三回目。

 

テーマは、

「ゴリ押せば何とかなることでいいのか?」です。

 

クライアントに対して反面調査がなされた時の話です。反面調査は、税務調査先の取引先を調査するものですので、
反面調査の際は取引先のお願いして調査をさせてもらうのが筋です。しかし、反面調査を実施した調査官は
名刺を持参していませんでした。

 

社会常識として、名刺も持参しないなどあり得ない、という話になったのですが、その調査官の方は「本当に
名刺を持っていませんので」とかたくなに名刺を見せようとしませんでした。

 

この調査において、現職といまだコネクションの強いOB税理士を通じて相当のクレームを挙げたからでしょうか、
急に担当者が変更になり、変更になった担当者はきちんと名刺を持参してきました。

 

OB税理士が口利きするだけで対応が変わる訳で、名刺を見せることに抵抗していた前担当者はいったい
何だったのだろう、と呆然としたものです。

 

この事例から学ぶべきは3つです。

一つは、よほどのことがない限り、調査忌避になることはない、ということです。税務調査を断ったり、
帳簿を見せなかったりすれば調査忌避として刑事罰の対象になるとされていますが、調査忌避に当たると
されることはほとんどありません。

 

事実、先の反面調査では、後日新しい担当者になり名刺も持ってきた訳で、名刺の有無でクレームが
長引くなどすれば、円滑な調査ができないことになることを懸念したからだと思われます。

 

円滑に税務調査を実施するためであれば、本来見せない名刺位渡していい、という判断がなされたの
でしょう。

 

二つ目は、

国税の言うことは基本的に信用できない、

ということです。クレームを上げて対応が変わるのであれば、クレームを上げる前の指導は間違っている
ということになりますが、本件のようにクレームを上げると指導が変わることはよくあります。

このため、国税の言うことを真に受けるのではなく、きちんと上司などとも話をしたり、時間をかけて根拠を確認したりする必要
がありますし、録音も検討しなければならないでしょう。

 

三つ目は

税務調査ではゴリ押しが得になる

ということです。

ゴリ押した結果、国税の対応が良くなったわけですから、税務調査ではゴリ押しに心掛けたほうがいい、結論付けられます。

 

国税も公務員組織ですから、トラブルが大嫌い、というポイントをつくべきでしょう。

 

もちろん、このようなスタンスは、不正取引や脱税など、恥ずべき行為がないからこそ許されるわけですが、

ゴリ押しが有効な税務調査対策になる

というのは実に情けない事実であることは間違いありません。

ゴリ押しやゴネ得が税務調査の実態

とはよく話しますが、国税に対する恐怖心はどの企業も非常に大きいですから、なかなか活用できず、
結果として国税に甘く見られて、いい加減な課税もなされることがあります。

 

なお、繰り返しになって申し訳ありませんが、

ゴリ押し・ゴネ得を最も効率的に使うのは国税組織を知り尽くしたOB税理士

です。

 

国税組織も特にOBには弱いですから、OB税理士にこのような対応をされると、その言うがままに、いい加減になりがちです。

言うまでもなく、正直者が馬鹿を見ることのないよう、国税にはOB税理士に対して毅然とした対応が望まれるわけですが、
毅然とした対応などほとんどできません。結局。それはOB税理士制度が日本から撲滅されるまで無理、と考えた方がよさそうです。

 

OB税理士が許されて、私たちが許されないということはありません。
不正をせず、ゴリ押し・ゴネ得で税務調査を乗り切ることが賢明なやり方でしょう。

 

 

 

それではまた来週!!

 

追伸、

わたくし松嶋洋の詳しいプロフィール
は以下のサイトからどうぞ!!

↓↓↓

松嶋洋プロフィール

 

★英語版ウェブサイトを開設しました! → http://tokyozeikei.jp/en/
Our English website is now available!

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=