お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



保険料引き下げ!?見直しのチャンスです(2018/01/30)


 

 

 

 

おはようございます!
東京税経センターの徐です。

 

新年あけまして~、なんて調子よく
毎日やってたらもう1月も終わり…。

 

ホント時の流れは早いものですね。

 

ついこの間までは年末調整をして
いたのに、もうすぐ確定申告の
シーズンに突入します。

 

さて、年末調整や確定申告といえば、

 

あれ?どこいったっけ??

と生命保険の控除証明書を慌てて
探し始める人も多いことでしょう。

 

さてさて、その生命保険ですが、

保険料を算定するための基礎となる
【標準生命表】がこの4月から改訂
されることをご存知でしょうか??

 

なんと11年ぶりの改訂です。

 

 

【標準生命表】て何??

という方のために簡単に・・・。

 

生命保険会社は、加入者から集めた
お金(保険料)を積み立てて、

万一の際に確実に保険金を支払える
ように準備をしています。

 

どれくらいの金額をどのように計算
して積み立てているのかというと、

 

う~ん、今年は儲かったから多めに!
なんてテキトーな計算をしている
なんてことはもちろんありません。

 

アクチュアリーと呼ばれる数学の
天才の皆さんが、

確率論や統計学などの数理的手法を
駆使して将来のリスクや不確実性の
分析を行い、

年齢別・性別に応じた一定期間の
死亡率を算定して【標準生命表】を
作り上げ、

これを基に、保険会社の経費などを
勘案して保険料を計算しているのです。

 

 

標準生命表(日本アクチュアリー協会HP)

↓↓↓

http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/1638/2087

 

 

ということで、今回の改訂によると、

死亡率、つまり私たちの「死ぬ確率」が
各年齢で平均20%前後下がっています。

 

つまり、

11年前よりも長生きな社会になった、
人が死亡するリスクが大きく下がった、

ということです。

 

 

さて、そうすると何が起きるか??

 

生命保険の中でもこの改訂の影響を
最も大きく受けるのが定期保険、
すなわち、掛け捨ての生命保険です。

 

定期保険は、ある一定期間に人が死亡
した場合に、保険会社は加入者に保険金
を支払わなければなりません。

まあ、当たり前のことですが。

 

しかし、

標準生命表の改訂に表れているように、
世の中が長寿化して人があまり死なない
社会になると、保険会社が加入者に払う
保険金が少なくて済みます。

 

ということは、裏を返せば、加入者が
支払う保険料も安く済むという仕組み
になることがわかるでしょう?

 

だから、定期保険に関してはこの4月
から保険料が安くなる保険会社が
ほとんどです。

 

 

ということで、

保険会社としてはライバル保険会社の
契約をひっくり返すチャンス到来と
いうことになりますが、

当然に加入者である私たち自身も安い
保険に乗り換えるチャンス到来です。

 

損しないようにこの機会に是非とも
保険を見直してみては如何でしょうか?

 

 

あ、ということで宣伝しちゃえ~!

 

ワタクシどもTZCでは、

「リスクマネジメント事業部」

という部署にて保険の見直しサービス
を行っております。

 

 

もちろん無料です!

 

アナタのニーズに合った最適な保険
をプロの目線でキッチリ診断します。

 

 

そもそも、保険は節税のために
存在するものではありません。

 

保険本来の機能である「保障」と
いう部分をしっかりと見つめ直して、

この機会にぜひ見直してみては
如何でしょうか???

 

 

 

ということで、補助金はもちろん、
保険のことも~、・・・

 

TZCへGO!!

 

です!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

来年もお楽しみに!!

★英語版ウェブサイトを開設しました! → http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/1639/2087
Our English website is now available!

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=