お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



展示会補助金part3(2018/01/29)


 

 

 

 

おはようございます!
東京税経センターの井本です。

 

「日常の中にトレーニングを」
を掲げ、

 

先週、大江戸線の新宿駅のホームから
JRの南口の階段を
1段抜かしで階段を駆け上がりました。

 

ぎりぎり大江戸線の改札までは
足がパンパンになりながらも
駆け上がれたのですが

 

JRの南口に行くまでも
これでもかと階段が続き、

 

太ももの筋肉は悲鳴を上げ、
辿り着くまでに
心が折れそうになりました。

 

 

で、調べてみると
新宿駅の大江戸線ホームは
なんと地下7階に相当。

 

地下7階からJRの入口は地上2階なので
実に9階分を一気に上がったことになります。

 

起きて一番に
スクワットなんかやらなければ良かった・・・

 

なんて弱音が
脳裏をよぎりました。

 

スパルタンになるには
まだまだ先のことのようです。

 

 

さて、今回は、
いよいよ展示会補助金の最終回です。

 

改めて申請条件なのですが、

決算を2期以上終えている中小企業であることや、

 

東京都の補助金なので本店または支店が
都内に登記されていることは
前提条件として必要なのですが、

 

都内商工会議所・商工会等において、
「中小企業活力向上プロジェクトの経営診断」を受けている

 

これが実は大前提になります。

 

「中小企業活力向上プロジェクトの経営診断」

 

って何さ?

 

 

簡単に言うと
商工会議所が行っている
中小企業への経営サポート施策の1つで、

 

商工会議所のかかえる
経営指導員との面談を2時間程度おこなって
経営診断書を作成してくれる、

 

というものです。

 

で、この書類が
助成金申請の必要書類となります。

 

商工会に訪問して
面談する労力を厭わなければ
無料で経営診断書まで
もらえることになります。

 

これが必須条件で、
加えて以下の3つのいずれかに該当する
必要があります。

 

①直近決算期の売上高が、
前期と比較して減少していること

 

②直近決算期に赤字を計上していること
(指標となる利益は、営業利益、経常利益、当期純利益のいずれか )

 

③都内商工会議所・商工会等において、
中小企業活力向上プロジェクト
「成長アシストコース」の支援を受け、
修了していること

 

①と②は決算書を見れば分かるのでいいですね。

 

3つめの「成長アシストコース」

ってなんなのさ?

 

ってことですが、

 

ものすごくざっくりいうと、
先の経営診断の進化版で
1回2時間程度のコンサルティングを
最大9回まで無料で受けられる制度です。

 

で、前回でもお話しましたように
東京都の予算が残っていて
条件と書類さえ揃えば
この補助金はもらうことができちゃいます。

 

ちなみに、ここまでの内容は
平成29年度の情報をベースにしています。

 

今年度も大枠が変わらなければ
4月からの募集に向けて
経営診断等の準備をしましょうね。

 

ということで先に
ご案内させていただきました。

 

展示会を使うという方がいらっしゃいましたら
ぜひ、この補助金を教えてあげましょうね。

 

そして、TZCへGO!と
かっこよく決め台詞を決めてください。

 

 

さあ、あっという間に1月も終わり2月が始まります。
今週も頑張っていきましょう!

 

 

★英語版ウェブサイトを開設しました! → http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/1634/2087
Our English website is now available!


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=