お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



早期経営改善計画!(2017/12/04)


 

 

 

 

おはようございます!
東京税経センターの井本です。

 

さあ、いよいよ12月突入ですが

 

みなさんは、
2018年をどのように描いていますか?

 

ここを伸ばしたい

あそこを改善したい

 

それらの言葉と
目標を数字に落とし込んだものを
事業計画書といいますが、

 

その事業計画書って
ご自身だけで作り上げるって
なかなか大変な作業ですよね?

(実際に作っている社長さんが少ないです。)

 

 

なんと、
その事業計画書を
私たち『認定支援機関』に
作成をサポートしてもらうための

 

20万円を上限に、
作成費用の2/3について
今は補助金がもらえちゃいます。

 

 

その名も

『早期経営改善計画策定支援』

です。

 

 

ここでいう、
『早期経営改善計画』とは
以下のものを含んだものを言います。

 

①ビジネスモデル俯瞰図

②資金実績・計画表

③損益計画

④アクションプラン

 

 

要は、

①今のビジネスモデルってどんな感じ?で

②資金繰りと③損益の数字の見通しはどんなで

④そうするためにこれからどうアクションするのさ?

 

ということを
私たちと一緒になって
書き上げればいいのです。

 

 

ただ、それだけでは終わりません。

 

申込みの時には
メインバンクに計画を提出します。
(お金を借りていなくても!)

 

さらに、
その計画策定後1年を経過した
最初の決算時に

 

その計画どおりに進捗して
経営改善したかどうか、
計画と実際が乖離した場合は
その原因分析を加えて
その金融機関に報告する必要があります。

 

えー、役所だけでなくて
金融機関にも事業計画書を見せるの?

 

 

なんだか恥ずかしちぃ

 

なんて言っている場合ではありません。

 

真剣になって、
事業計画を一緒に作ればいいのです。

 

真剣になってやることに
恥ずかしいことなんてありません。

 

 

私も先のハロウィンでは
自身のベストを尽くしたところ

気づけば六本木で
ケンタウロスになっていました。

 

なんでも思いっきりやればいいのです。

 

 

話がそれましたが、
もう一つ、ご案内したいことがあります。

 

 

この『早期経営改善計画』を
策定する中で

 

『ローカルベンチマーク』

というものを
経産省が用意してくれています。

 

彼らが集めた統計データを基に
自社の決算書の数字と比較して
評価できるという優れものです。

 

ローカルベンチマーク
http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/1520/2087

 

 

どの数字拾ってやればいいのよ~

 

そんなところからでも結構です。

 

これからの1年を
私たちと一緒に一所懸命考えて
事業計画にまとめてみたいという方は

 

ご連絡いただければ
全力でサポートさせていただきます。

 

 

さあ、今年も残りわずか!
がんばっていきましょう!

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=