お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



年内の駆け込み節税策は如何はコレ!?(2017/11/28)


 

 

 

 

おはようございます!
東京税経センターの徐です。

 

朝がめっきり寒くなりました。
バスケで細くなった足が寒いです・・・

 

そう!ワタクシまだバスケットを
継続しているのです。

 

ツライ筋肉痛の時代を乗り越え、
気力・体力の無さを克服し、

 

「徐さん、足が締まりましたね!」

 

とのお言葉を監督から頂きました!(^^)!

 

12月にはPTAバスケ大会へ出場予定。
走りこんで駆け込んで頑張ります!!

 

 

 

ということで、
駆け込むと言えば・・・

 

はい、コジツケですがいいですね。
年内駆け込み節税策のご提案!!

 

 

個人の方の所得税や贈与税は暦年課税。
すなわち、何か対策を打つとすれば
12月末(年末)が期限です。

 

さあ、該当する方は急ぐべし!!!

 

 

 

①小規模企業共済

 

個人事業者の定番です。
本メルマガでは何度もしつこく・・・

月額最大7万円の積立貯蓄。
なのに全額が経費(所得控除)。

そして、

1年分前納で84万円が駆け込み可能。

 

が、サラリーマンは対象外です。。。

 

 

②経営セーフティ共済

 

こちらも本メルマガでは定番。
月額20万円の掛金が全額経費。
こちらも1年分前納で240万円が
全額必要経費で駆け込みOK!

 

あ、こちらもサラリーマンは対象外。。。

 

 

③消費税の届け出は年内に

 

現在免税や簡易課税の方で、来年に
大きな設備投資を予定している方!

消費税還付を受けるには課税事業者
を選択する必要があります。

取り戻し課税もありますので、
税理士さんと要相談。

お早めに!!

 

さて、上記とは関係なく、
課税売上が5000万円を超えると
簡易課税が使えなくなります。

 

ギリギリの方!

12月はあまり働かずに年明けに
売上を工夫されては如何!?

 

 

④短期前払費用の検討

 

売上を後ろ倒しなんてナンセンス!
儲けるだけ儲けるんじゃー!!

 

はい、お気持ちよく分かります。

 

それでは家賃を1年分前払いなんて
如何でしょうか??

1年分であれば支払時に全額経費。
支出は伴いますが一考の価値アリ。

 

 

⑤目には目を。売却益には売却損を。

 

アベノミクス景気が続いています。
株で儲けた方も多いことでしょう。

 

何もしなければ譲渡益に20%課税。

 

ということで、値下がりの塩漬け株を
一旦年内に売却して損を出し、利益と
相殺しましょう。

 

売却した塩漬け株は買い戻せばOK。
タイミングはお任せします。。。

 

⑥NISA、ジュニアNISA

 

NISAは年間120万円、ジュニアNISAは
年間80万円までの非課税買付枠です。

この買付期限も暦年毎。
年内までの買付けが条件です。

さあ、良い商品を物色です!

 

 

⑦駆け込み贈与も12月まで

 

基礎控除110万円を活用した通常の
贈与も暦年単位です。

相続税対策のキホンのキはコツコツ
毎年の贈与の積み重ねです。

年内に贈与しなければ勿体ない!

 

さらに・・・

今年の路線価を使える贈与も今年
の年末までが期限です。

2018年に路線価の上昇が見込まれ
るのであれば年内贈与も一考です。

 

 

⑧ふるさと納税も!

 

本メルマガで何度もお伝えしている
ふるさと納税。こちらも暦年単位です。

 

まだ枠が残っている方。
面倒でやったことない方。

 

やらなきゃ損です。やるべしです!!

 

 

 

 

さあ~、説明もやや駆け込み気味。

だって、急いでるんだもん・・・

 

 

え??よくわからない???

 

 

だ~か~ら~

そんなときは~

 

TZCへGO!!です!(^^)!

 

 

 

まだまだ間に合いますよ!

 

 

 

 

 

 

来週もお楽しみに!!


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=