お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



調査月間スタート!?(2017/11/06)


 

 

 

 

おはようございます!
東京税経センターの井本です。

 

今月は税務調査月間です。

 

え、そうなの?

 

はい、私だけですが。

 

今月は実に
4件の税務調査の立会があり、

 

今、かなり
エキサイティングしています。

 

そう、強い敵が現れた時の
孫悟空のように。

 

おめぇ、つええなあ~

 

なんて調査官には
言えませんが。

 

もちろん、

 

パンパンして

 

おめえ、男だろ?

 

なんてことも
決していたしません。

 

話がドラゴンボールネタから
止まらなくなりますので
この辺にして

 

調査一発目のお客様、

 

調査官2名が
突然会社にやってきていたんです。

 

その時、たまたま社長は外出中。

 

事務所には最近入社した
新人さんがいるだけ。

 

これでは調査はできない
ということで

 

改めて日程調整して
先週いらっしゃいました。

 

それにしても、
突然調査官が来るなんて、

 

TZCへの委任状にあたる
税務代理権限証書も提出しているし・・・

 

社長、何か身の覚えがあります?

 

はい、

 

個人の通帳に
売上の一部が
入っていることですかね?

 

そう、それそれ~

 

実に明快でした(笑)

 

急いで修正申告を作成して

なんとか調査開始前に
提出することができました。

 

え、なに?

 

税務調査をやる前から
修正申告書を出して
何か意味あるの?

 

あるんです!

 

加算税の扱いが
大きく変わってきます。

 

通常はこのまま何もせず
税務調査を受けて
その売上の漏れを
調査官に指摘されると

 

『過少申告加算税』か
『重加算税』のどちらかが
課せられるのですが、
(この場合、おそらく後者)

 

自主的に修正申告すれば

 

上記の加算税は
昨年までの申告期限のものには
過少申告加算税は課せられず

 

税制改正に伴い
今年以降に申告期限が
到来するものは

 

調査の事前通知をうけてからは

本税に対して
その5%
(50万円を超える部分は10%)

 

の過少申告加算税が
課税されるだけで済むのです。

 

 

重加算税となれば
本税の35%が
追加で課税されます。

 

 

実際に調査開始後
わずか1時間で

 

調査官は
売上の一部が
漏れていることの
話題を切り出してきました。

 

やっぱり税務署は
この売上が漏れていることを
掴んでやってきたんです。

 

事前に修正申告書を提出できて

お客様、良かったですね~

 

 

と言いつつも、

 

そもそも売上を
意図的に漏らすのは
やめましょうね。

 

 

それにしても
このお客様、

 

私たちに事前に
教えてくれなかった収入が
さらに別でありましたとさ。

 

 

なのでこの調査、
まだまだ続きます。

 

 

続編は・・・

 

次週、ドラゴンボール

「仙豆で調査の傷はいえますか!?」

 

 

お楽しみに!!

 

 

さあ、11月スタートです。
今週も頑張っていきましょう!


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=