お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



恐怖のメタ認知(2017/11/01)


 

 

 

 

おはようございます。
相馬です。

 

今週の日曜日は息子の小学校で
ハロウィンパーティーが
行われていました。

 

当日は息子の友達が迎えに来てまして、
あれですね。

 

てっきりオバケの格好をしてるのかと
思ったら、忍者だったりお姫様だったり。

 

私が古いだけなんでしょうか。

 

今はどちらかと言うと
仮装大会みたいなノリなんですね。

 

ところで、

今の子供たちはオバケを
怖がったりするのでしょうか。

 

私が子供だった頃と違って
ホラーや心霊現象みたいな
番組も減ってますし、

 

むしろ妖怪ウォッチみたいに
オバケ(妖怪?)に親近感を
抱くようなものも多いですよね。

 

やはりメディアの力は大きいです。

 

 

私が子供の頃はテレビの影響もあってか、
怖いものが多かったです。

 

 

オバケもそうですが、
がんになったらどうしようとか、
放射能が撒かれたらどうしようとか、
フェリーから落ちて溺れたらどうしようとか。

 

もちろん実際にはそんな体験を
したことはないのですが、

 

テレビを見た後はなぜだかそこに
「臨場感」が湧いて、
恐怖を感じていましたね。

 

 

ちなみに現在では「恐怖」を感じることは
ほとんどなくなりました。

 

 

その理由は簡単で、
恐怖のもととなる
「原因」がわかるからです。

 

「あらゆる問題の解決は
その問題が消え去ること」であるならば、

 

恐怖を消し去るためには
それが起こる原因や
その対象を知ることに他なりません。

 

オバケはいないと知っているし、
ガンになりたくなかったら
健康に気をつければいいし、

 

放射能なんてそもそも
自分ではコントロール
できないですからね。

 

こうやって「恐怖」の対象を
メタ認知することで、
必ず問題は消え去っていきます。

 

一方で、

恐怖と違ってその対象がない
「不安」はなかなか無くなることは
ありません。

 

むしろ、日頃から漠然と感じている
不安の正体とは一体何なのか。

 

是非、皆様もお考え下さい。

 

それでは。

 

相馬浩基

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=