お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



消費税の還付が遅れている(2017/09/21)


 

 

 

 

おはようございます!
税理士の松嶋と申します。

 

本メルマガは、皆様が怖い怖い
とおっしゃる税務調査に対し、
勇気をもって戦えるノウハウを
解説しております。

 

私のパートは【毎週木曜日】です。

税務調査について分かりやすく
解説していきます。

 

 

 

それでは、第百三十四回目。

 

テーマは、

「消費税の還付が遅れている」です。

 

国税の内規において、消費税の還付申告に対しては、

事前に審査を行い、場合によっては税務調査を実施してから
内容を確認して還付を行う

ことになっています。

 

わが国の消費税は、請求書に書かれた税額を合計して計算する
外国の消費税とは異なり、決算書を基に計算します。

 

結果として、決算書の数字を不正にいじるだけで、理論上は簡単に
消費税の還付申告をすることができます。

 

このような不正な還付申告が非常に多いため、事前に税務署で確認してから
還付することになっているのです。

 

しかし、近年の問題として、

この消費税の還付処理が非常に遅れている

と言われています。

 

消費税の還付が遅れる理由として、国税は

税務調査手続きの法制化により手間が増え、税務調査の進捗が遅れるため、
還付の処理も遅れる

と納税者保護につながる税務調査手続き法制化を悪者扱いして
説明しています。

 

しかし、消費税は場合によっては巨額の還付金が発生しますから、

消費税の還付金を資金繰り上考えている会社

は非常に多いのです。

 

このため、国税は最優先で還付処理をしなければなりません。

 

法律的にも、消費税の還付金は、本来は遅滞なく還付すべきものであり、かつ還付が遅れれば
還付金の利息である還付加算金を上乗せで返す必要があるため、

血税の垂れ流しにもつながる

ことになります。このため、税務調査手続き法制化に伴う手間は、全く言い訳に
なっていないと考えています。

 

何より、消費税の10%増税が決まっている以上、消費税の還付が資金繰りに与える
影響はますます増えます。

 

税務調査手続き法制化により、処理が終わらないのであれば、終わらせるように頭を使って
事務処理を整えるのが国税の責務でしょう。

 

実際に相談を受けた事例ですが、

消費税の還付を急いでもらうため、税務署の審査が早く終わるように、率先して協力した

納税者に対し、税務署は、こんなに協力的な納税者は初めてであり、調査すべき項目が現状はないと言う
にもかかわらず、

還付がいつになるかお答えできません。

などと、納税者の都合を全く顧みない対応をすることもあります。

 

おそらくですが、納税者の協力を得て還付審査に必要な資料をたくさん入手できたものの、
それを細かく検討して結論を出すとなると、面倒ですし、仮に判断を誤れば責任問題も
生じますから、

いたずらに処理を先延ばしにする

という、調査官の悪癖を発揮しているのでしょう。

 

ところで、このように税務署に最大限の協力をしても消費税の還付が早くならないことからも
分かるとおり、

税務調査に協力し、問題がないことを早く確認してもらったところで、税務調査が早く終わるという、
皆様が望む結果を得ることは、基本的にはない

のです。

 

このため、国税には最低限の協力だけに注力し、ダラダラと時が経過する中で、仕事を早期に片付ける
力がない調査官が動かざるをえないのを待つ、というのが税務調査対策上は必要な姿勢です。

 

実際のところ、税務調査を早く終えるために協力してください、などと国税は言いながら、

外部からのFAX受信を全面的に禁止しています
メールを受信することができません

などと、税務調査期間を徒に長引かせるためとしか思えない施策が税務調査では取られています。

 

このような、国税の施策を言い訳として税務調査に最低限の協力しかしないことも、当然に
許されますので、余裕を持って対応しましょう。

 

 

 

 

それではまた来週!!

 

追伸、

わたくし松嶋洋の詳しいプロフィール
は以下のサイトからどうぞ!!

↓↓↓

http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/1369/2087

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=