お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



ボイスレコーダーに御用心(2017/09/12)


 

 

 

 

おはようございます!
東京税経センターの徐です。

 

先週末まで沖縄に出張していました。

 

あ、もちろん仕事ですよ。
お遊び一切なしね! ね!!(汗)

 

TZCの提携先のデータ入力センター
を視察して、今後の取り組みについて
などなどをお話してきました。

 

 

さてさて、出張から帰ってきたら、
あの豊田真由子議員の独占告白なる
ニュースが朝から晩までやっている
ではありませんか!?

 

衝撃的なあの事件から早3ヶ月。
私もネタとして大好きな豊田議員。

 

ということで、さっそく文藝春秋を
TSUTAYAで買って読みました。

 

が、感想は一言。「ナニコレ?」

 

 

そもそも、「このハゲー!」事件
からず~っと入院中の豊田議員。

 

何の病気か知りませんが、入院中にも
関わらず6時間ものロングインタビュー
に応じたんだとか・・・

 

違うだろーーー!!!

そんな元気あるなら記者会見しろー!!!

 

と言いたくなります。

 

 

しかも、そのインタビューの結果が
僅か8ページの「言い訳」&「悪口」
の連続・・・

いかに元秘書Aが無能であったか、
それにより自身がどれほど心を病んで
しまい、その結果の暴言であった、
という単なる自己正当化の記事です。

 

 

冒頭に

「元秘書のAさんに大変ご迷惑をお掛けして
申し訳ございません・・・」

 

みたいなこと言ったその同じ口で、

 

 

「事実とは異なることばかり」

とか

「わざとかと思うほどの失敗の連続」

とか

「次はどんな嫌がらせを受けるのかと
思ったら怖くてしかたなかった」

みたいな、元秘書への悪口オンパレード。

 

 

挙句、

 

「・・・それらがあの暴言へと繋がった」

 

んですって。

 

 

違うだろーーー!!!(もうシツコイね)

 

 

 

まあ、実際にどんな言葉遣いや口調で
インタビューに答えていたかは知る由
もありませんが、まあ気色悪いほどの
丁寧な言葉遣いで綴られています。

 

このハゲー!!
違うだろーー!!

 

みたいた豊田議員の代名詞(?)の
迫力はどこへいったのやら。。。

 

 

それにしても、

こんなくだらない記事をなんで天下の
文藝春秋がわざわざ特集して宣伝して
んでしょうかね?

 

最初にスクープした週刊新潮や、
最近流行りの週刊文春あたりに
やらせておけばいいのに。

最近あまり元気がないフライデー
あたりでも十分でしょう。

 

 

ちなみに、締めくくりは、

 

「猛省の上、国のため地元のため、
引き続き、必死で働き続けることで、
償っていきたい・・・」

 

だそうです。

 

 

いえ、早く引退してください。

てか、そもそも次の選挙勝てると
思ってんのかね??

 

 

 

なんて、書いてたら、

そういえば最近はビジネスシーンや
日常生活でもボイスレコーダーが
新常識なんだな、と。

 

カード会社や証券会社では、

『この電話はサービス向上のため
録音させていただきます。』

なんて流れるし、

 

学校の保護者面談などでは録音を
をしている保護者が多いんだとか。

 

豊田議員もボイスレコーダーで
瞬く間にノックアウト。

 

アナタが今話している目の前の人、
こっそりと録音していませんか?(怖)

 

 

お~、コワイ・・・

 

あ、税務調査は録音できるのかな??
なんて思った人、鋭いですね!

このネタは次回にでも書きましょう。

 

 

 

今朝は中身のない記事でゴメンナサイ。
ま、たまにはこんなのもいいでしょ!?

 

なんて、私も自己正当化(笑)

 

 

 

 

 

 

 

来週もお楽しみに!!

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=