お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



スイートルーム宿泊代は経費になるか?(2017/08/01)


おはようございます!
東京税経センターの徐です。

 

先週末の日曜日は、家族・親戚・お客様
と、ごちゃ混ぜホームパーティーでした。

 

まあ、飲むわ飲むわ、お昼から夕方まで
の4-5時間で空いたワインは、

赤・白・泡と、なんと16本なり・・・

 

大人が8人でしたから、ざっと一人2本は
飲んでいる計算になりますね。

もちろんビールなども別に飲んでます
から、それも合わせると。。。

 

酔っ払った勢いで、大切に保管していた
貴重なワインも、気付けばついつい気前
よく数本が空いており、

時々ショックで酔いが覚めながらも、
まあ楽しかったからヨシとします!(^^)!

贅沢なセレブ気分を味わった一日でした。

 

 

セレブとか贅沢、といえば、数か月前
のこんな新聞記事を思い出しました。

 

『テレビ宮崎(UMK)は渡邊道徳社長(71)
が追徴課税を受けた問題で…記者会見し、
600万円超の追徴課税を受け、納付した
ことを認めた。
熊本国税局の税務調査で社内規定を超える
宿泊代が個人の所得に当たると指摘された…
…同社は追徴課税分を補填するため、
渡邊社長の役員報酬を引き上げている…』

(宮崎日日新聞2017年05月27日)
http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/1263/2087

 

なんの記事かというと、

社内規定超過のホテルスイートルーム代
が社長個人の給与だとされた、

という単純明快な一件です。

 

 

実はこの事件は週刊現代で詳しく
取り上げられていたので、内容が
かなり詳細に分かっています。

 

渡邉氏は東京へ出張する際に帝国ホテル
などに会社経費で宿泊していたのですが、

この宿泊代金が会社の規定で定められて
いる経費の上限と大きな乖離していた、

という点を税務調査で指摘され、追徴課税
となったのです。

 

 

週刊現代の記事によれば、帝国ホテルは
一人で宿泊した場合の一番安いスイート
でも12万円はくだらないのだそう。

この会社の社内規定では4万円が上限だった
ので、1回あたり8万円が超過分でした。

 

この超過額が4年間で1000万円、
追徴税額は4年間で600万円。
この追徴税額を払うために渡邉氏の
役員報酬を引き上げたのだとか・・・

 

 

なるほど!!じゃあ、社内規定をもっと
うんと高く設定すればいいんだね?

 

まあ、なんて自由な発想でしょう!?

でもダメです!「常識」や「社会通念上」
を考慮した社内規定が必要です。

 

 

ただ、あくまでも会社の「経費」なの
ですから、「売上」を獲得するために
直接・間接的に要した金銭等は全て
経費なるはずです。

つまり、この出張旅費が実際に必要
なものであれば当然に経費(損金)
として税務上も認められるはず。

 

納税者と税務調査官とでは当然に常識
は異なりますが、経費として支出した
根拠があれば否認はできません。

 

だから、

・なぜ役員はグリーン車か?
・なぜ役員はファーストクラスか?
・なぜ役員はスイートルームか?

など、根拠をはっきりとさせた上で
金額の上限を社内規定に定めれば
問題無いはずなのです。

 

 

そうすると、この一件は単に規定を
超過していたというだけに留まらず、

この出張が個人的なものであったと
認定されたのでしょうね。

 

 

そうしたら、また思い出しました!

そう、舛添元都知事!!

 

「ファーストクラスも
スイートルームも
公用車での別荘通いも
・・・・・・・
・・・・・・・
チャイナ服も!

全て仕事に必要な経費です!!」

 

と豪語したあの哀れな姿を忘れること
などできません。

 

特にチャイナ服のくだりでは、どこかの
お笑い番組で実際に書道家に着せて
書かせたところ、

「書きづらくてかなわん!」

なんてシーンもあり、また、そもそも
袖が邪魔なら服着ないで書けよ!

てな至極真っ当なツッコミも入り、
それはそれは哀れな顛末でした・・・

 

 

ま、このあたりの政治絡みニュースを
書いていくと笑いと筆が止まらなくなる
という悪癖がワタクシにはありますので、

今朝はこのへんで退散致します。。。

 

さあ、今日から8月です!

毎日暑いですが、水分補給しながら
楽しくお仕事頑張ってくださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

来週もお楽しみに!!

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=