お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



相馬は何をしているのか?(2017/07/12)


おはようございます。
相馬です。

 

普段、私は相馬塾という
経営者塾を運営しているのですが、

 

どんなことを教えているのか?と
数名の方に質問を受けました。

 

実際には「哲学」や「メタ認知力」を
ビジネスやセールスに活用する方法論を
お伝えしているのですが、

 

本日は相馬塾コミニティー内での
情報発信をご紹介したいと
思います。

 

 

私たちを支配している
言葉のルールを知れば知るほど
この世界には「確かなこと」などなく、

 

せいぜい「確からしいこと」が
(ある)のみです。

 

この「ある」=(存在)すら
人間が後から言葉で捏造した
概念に過ぎず、

 

事実の世界には「有・無」すらなく、
ゆえにあらゆる命題には常に
反証可能性が認められます。

 

例えば

『「確かなことなどない」というのは
本当に「確かなこと」なのか?』

 

とか。

 

過去のデータを統計学的に
積み上げた帰納法という
論理があります。

 

医学や科学、
あるいは脳科学や心理学といった
現在「主流」と言われる学問の
ベースにあるのが帰納法ですが、

 

裏を返せば全ての学問を
疑うことができてしまう。

 

昨今のがんの治療法や
ワクチンの弊害がネットで
拡散されている様子や、
食べログの衰退など。

 

私たちの業界であれば
LP(ランディングページ)の
反応率の悪さなどでしょうか。

 

これらの現象は全て、
帰納法を疑う人たちの
増加を意味しています。

 

もちろん、まだ成熟していない
マーケットや情報弱者には
ある程度通用してしまうのも事実ですが、

 

AI(人工知能)やMA(マーケティング
オートメーション)の台頭を考えれば、

 

過去のコード(常識)に縛られたやり方を
いち早く手放さなければ、
あっと言う間に時代に淘汰されて
しまうでしょう。

 

翻って、相馬塾の姿勢は
ノウハウやテンプレートを手放し、
圧倒的な高抽象軍団を目指すことに
あります。

 

ライバルが今は通用しなくなった
ダサい帰納法的マーケティングを
仕掛けているのを尻目に、

 

「世界と人間」の本質を突き詰め、
質の高いお客様を演繹的に動かす力を
手に入れましょう。

 

以上、
ご参考まで。

 

相馬浩基

 

 

★facebookページあります!→http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/1224/2087

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=