お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



テレワーク導入のための助成金(2017/07/03)


おはようございます!
東京税経センターの井本です。

 

今年も半年が過ぎ
いよいよ7月に突入です。

 

私たちの毎月の主な業務を振り返ると

 

1月は年末調整の残りや
償却資産税申告、支払調書の作成、

2月、3月は確定申告、

4月は税務調査の立会、

5月は大量の3月決算の申告

6月は半年分の源泉税の集計関係、、、

 

と結構毎月忙しいですね。

 

目先の忙しさにばかり
気を捕らわれると

 

あっという間に
時が過ぎてしまいます。

 

未来への種まきも
合間を縫って
積極的に行いたいものです。

 

さて、仕事はあれど
社員が足りない、、、

 

そんなお客様が多いので
今日はまたまた助成金のご案内です。

 

『職場意識改善助成金(テレワークコース)』です。

 

・社員の育児や介護と仕事の両立を支援したい
・通勤負担を軽減したい
・ワークライフバランスを推進して社員のやる気をアップしたい
・優秀な人材を確保したい

 

これらをテレワークを導入して
在宅やサテライトオフィスでの勤務によって解決し、
その推進する費用の一部を
助成してくれます。

 

次のような費用が対象になります。

・テレワーク用の通信機器の導入や運用
(WEB会議用機器などが対象ですが、
残念ながらPCやスマホ、タブレットは対象外です)

・クラウドサービスの導入

・テレワーク用に就業規則を作成、変更するための費用

・テレワーク導入に向けた研修費や外部専門家のコンサル料

 

そして、成果目標として
次の3つをクリアする必要があります。

 

①評価期間に1回以上、対象労働者全員に、
在宅またはサテライトオフィスにおいて就業するテレワークを実施させる

 

②評価期間において、対象労働者が在宅またはサテライトオフィスにおいて
テレワークを実施した日数の週間平均を、1日以上とする

 

③年次有給休暇の取得促進について、
労働者の年次有給休暇の年間平均取得日数を
前年と比較して4日以上増加させる

又は

所定外労働の削減について、
労働者の月間平均所定外労働時間数を
前年と比較して5時間以上削減させる

 

この3つをクリアすると、

補助率は前述の費用に対して75%、
(対象労働者1人当たりの上限額は15万円)

 

最大で150万円まで
助成されます。

 

ひゃ、ひゃ、ひゃ、ひゃくごじゅうまんえ~ん!?

 

さあ、今日もまた、
皆さんの3大テノールの1人の声が

 

心にこだましましたね。

 

さらに、この『職場意識改善助成金』
前回の(職場環境改善コース)同様に
目標達成ならずでも

 

補助率は50%、
上限額が最大で100万円まで
助成してくれます。

 

 

失敗しても

 

ひゃ、ひゃ、ひゃ、ひゃくまんえ~ん!?

 

 

こだまでしょうか?

 

いいえ、3大テノールです。

 

 

さて、話を戻して、、、

 

テレワークが実現すると

会社と自宅の距離が勤務において関係がなくなり、

地方で仕事がない方、

まだまだ多い専業主婦の方、

現役を引退された方、

止む無く介護のために
退職を考えている方なども

 

職場へ復活、
あるいは退職しなくていいと
いうことになります。

 

顧客情報の管理などの諸問題を
クリアする必要がはありそうですが・・・

 

とりあえず、この助成金、
どうすればいいのさ?

 

というご相談は、、、

 

そうです、TZCにGoです!

 

実際にお電話に出るのは、
3大テノールではないかもしれませんが(笑)

 

さあ、今週も頑張っていきましょう!

 

 

★facebookページあります!→http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/1206/2087

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=