お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



江戸の街づくり(2017/06/02)


おはようございます!
東京税経センター顧問の坂入です。

毎朝のメルマガは、硬い税務や経営の話だけを読み続
けると肩が凝ってきます。

週末の朝は、税務の話ではなく、わたくし個人の勝手な
趣味となっています「チャンバラ小説・時代劇小説」から・・・。
興味が無い皆さんにも、「こんな見方もあるのだなー」
と・・・・・斜めに読み流していただければ幸いです。

 

本年1月下旬からの金曜日を担当して、最初のテーマは

当方事務所の近所にあります「将門の首塚」に関連した

話を「呪詛」のテーマで述べました。

 

それは、家康が、江戸に幕府を開くにあたっての「江戸の

街づくり」について関連した話でした。

 

チャンバラ小説、特に、江戸270年の街を舞台とした、捕

物帳や剣客ものは、数多く著述されてきました。その舞台

として度々出てくるのが「江戸の四宿(品川宿、内藤新宿

板橋宿、千住宿)」です。

 

江戸御府内(通称「朱引地内:江戸町奉行の管轄内」)から

各街道を出て最初の宿場がこの四宿です。

 

江戸の街から一歩出た、江戸ではない、江戸町奉行の

支配の及ばない、江戸の直近の街です。

 

逆に言えば、地方から江戸に向かって旅をしてきた者に

とっては、江戸に入る前の「最後の宿場」です。

 

今週から、この「江戸の四宿」について、江戸の街づくり

の話と併せて、当分の間述べてみたいと思います。

 

1.江戸の街づくり

北条小田原攻めで勝利した秀吉によって、三河から江戸

に移封された「徳川家康」は、坂東の荒れて廃れた地で

あった「江戸の街や城」の整備に着手しました。

 

当初は、秀吉の大阪政権の補佐的立場で関与しながら、

日比谷入江を駿河台(神田山)を崩して、旧来の江戸城

の陸側 (現在の半蔵門サイド)の国府路側(現在の青梅

街道)の反対側となる海側の、江戸前島から日比谷入江

を埋め立てました。

 

この埋め立てた地域を江戸の新たな街づくりの用地とし

て、関ヶ原の戦い以降の「徳川政権下での天下普請」で

の街づくりの主な場所となります。

 

秀吉の死亡によって各地の大名の勢力図が微妙に変化

し、結果として勃発した、東西に分かれての関ヶ原の戦い

に勝利した「徳川家康」を頭領とした「東軍」は、豊臣家を

覇者から1大名へと貶めて、自らは江戸に戻らず、二条

城に止まって、「征夷大将軍」に任ぜられるように、徳川

家を清和源氏の末裔と宣言して、臣下となっていた、同じ

三河の豪族で、足利氏一門の「吉良家」を使者として朝廷

に働きかけ、関ヶ原の勝利から3年後に「征夷大将軍」の

宣下を受けて、晴れて「江戸幕府」を発足させました。

 

・・・⇒余談:この将軍宣下の斡旋をしたのが「吉良家」で

あったことが、後の「忠臣蔵」への布石だったとも

言われています。この話は、後日、どこかで「忠臣

蔵異聞」として、述べたいと考えています。・・・

 

日比谷入江を埋め立て、大川の東側を開削して、大川と利

根川(現在の江戸川)を繋ぐ用水路を通じて、下総の「塩」を

直接搬入可能としたり、太田道灌が築きボロボロ状態だった

旧江戸城の改築等々の「江戸の街づくり」を手掛けました。

 

詳細は後述へ。

 

・・・江戸の街づくりと江戸の四宿については、来週以降へ・・・

その基因となったのは、「武家諸法度」です。

 

 

 

★facebookページあります!→http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/1140/2087

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=