お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



親切な青年のイタい発言(2017/05/24)


おはようございます。
相馬です。

 

 

あるところに、
心の優しい青年がいました。

 

 

もし、
もしもですよ、

 

この青年が、

 

「僕って優しいんですよね~」

 

 

と、自己アピールしたら、
皆様どう思われますか?

 

 

そりゃ~わかるけど。。

 

 

なんとなく自分のことを
自分で優しいなんて言っちゃうのって
イタい人だと思いませんか?

 

 

あくまで個人的感想ですが。

 

 

では、自分のことを自分で
「優しい」と言わず、
相手に優しさを伝えるためには
どうすれば良いのでしょうか?

 

 

一つには行動があります。

 

 

例えば、相手が見ている前で
ゴミを拾ってみたり、
気遣いを見せたりする。

 

 

多くを語らずに
「背中」で語るやり方です。

 

 

ただ、これは普段から
当たり前にできている人は
いいですが、

 

 

いきなり演技されても
嘘くさいというか、
バレバレでかえって
信頼を失うかもしれません。

 

 

2つ目の方法は、
他人に証明してもらう
方法です。

 

 

例えば、合コンの現場で
女子が良く使う手ですね。
(TVで見ました。)

 

 

お酒も入ってきて、
タイミングを見計らって、

 

 

「この子って本当に優しいんだよ~!
この前だって、、(以下省略)」

 

 

と、自己申告ではなく、
自分の友達に言わせる
やり方です。

 

 

これは頭がいいですね。
実際、男は見抜けないと思います。

 

 

ただ、それをうのみにする男性も
少ないと思いますし、実際のところ
優しさで女性を選ぶ人って
少ないかもしれませんよね?

 

 

今日はなぜこんなお話を
しているかと言いますと、

 

セールスの考え方と
直結するからです。

 

 

世の中には多くの「商品自慢」が
あふれています。

 

 

おそらくその自覚はないと
思いますが。

 

 

二言目には商品の特徴やスペック、
実績を伝えているものが
大半です。

 

まさに、
ザ・アメリカンマーケティング。

 

 

一方、自慢話など
聞きたくないのが
普通の人間です。

 

 

聞きたいのは「売り手」の話ではなく、
「買い手」がどんなメリットを
得られるか。

 

 

どのように伝えるかよりも
何を伝えるか。

 

 

売れない人の特徴は
いつだって主語が「私」です。

 

 

セールスとは、

 

自分を薄め、
ただ言いたいだけの欲求を押し殺し、
ただ目の前の一人の信頼を勝ち取り、
そして売りきること。

 

 

私もまだまだではありますが、
自己否定を繰り返し、
売ることにこだわり続けたいと
思います。

 

 

相馬浩基

 

 

★facebookページあります!→http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/1117/2087

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=