お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



反面教師(2017/05/22)


おはようございます!
東京税経センターの井本です。

 

先週は、
顧問税理士を変えたいと
相談に来られた経営者2人と
お会いしました。

 

同業者に対する不満を聞くのは
耳の痛いところでもありますが

 

逆にそこを満足させられれば
お客様は離れず、

 

長いお付き合いができるということ。

 

なので、

ご相談に来られた方には

「税理士を変えたい」

必ずその理由をヒヤリングします。

 

せっかくなので今日は
その2人から聞き出した
税理士を変えたい理由を
5つ書いてみたいと思います。

 

①電話がつながらない。

 

以前お願いしている
税理士に電話をしても
電話が繋がらないし、
折り返しの連絡もこないとのこと。

 

よほど忙しいのか
忘れっぽいのか
電話が怖いのか。

 

いずれにしても

遅くとも翌日には
折り返しはできるはずです。

 

②電話で質問しても
必ずメールで回答してくる。

 

簡単なことだから
電話で聞いたことを
そのまま回答くれれば早いし

 

話が双方向であれば、
理解が不明確なところは
さらに質問ができるのに
メールだとやり取りに時間がかかる。

 

もちろん、メールにも
内容を記録に残せるとか、
深夜遅くに回答しても迷惑にならないなど
便利な面もありますよね。

 

要は、電話とメールのどちらかだけ、
ということではなく

「お客様にとって心地よい伝え方」
を選択できることが大切かと。

 

③何も教えてくれない

付き合って数年経つが
税務でポイントになるところを
ほとんど何も教えてくれなかった。

 

・・・これは、サービスを
していないことと同じですね。

 

常にメニュー表を出すように
選択肢を提示してあげましょう。

 

もちろん、
おススメを聞かれれば

それも理由と合わせて
デメリットになるポイントも添えて
お応えできるといいですね。

 

④決算のおおよその数字がわかるのが
毎年申告期限の3日前で
税額が固まるのが申告期限ぎりぎりだった。

 

曰く、

「暗闇の中を突き進んで
たまたま沈没しなくて済んでいた」

と。

会社の状況は
肌感覚だけを頼りに
経営のかじ取りをしていたようです。

 

資金繰りが危ないときに
多額の納税額を
納付期限ギリギリに言われたら
お客様も大変ですよね。

 

⑤担当者がすぐに変わる

曰く、8年間の付き合いで
担当者が5回変わったと。

 

良い社員が長く務めることは
お客様に対する
サービス面から考えても
良いことなのですね。

 

 

私たちも完ぺきということは
なかなか難しいかもしれませんが

 

サービス業として
「税理士業」を捉え

 

お客様のご期待に沿えるように

 

良いサービスを提供できているか
今一度省みたいと思います。

 

皆さんの周りでも

不満を漏らしている
経営者さんがいらっしゃいましたら

 

それならTZCにGoだよ!!

 

と言ってもられるように。

 

今日もそのセリフになんとかたどり着けました(笑)

さあ、今週も頑張っていきましょう!

 

 

★facebookページあります!→http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/1111/2087

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=