お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



悩みを解決するとライバルが増える件(2017/05/10)


おはようございます。
相馬です。

 

 

現代の日本では、
「衣・食・住」全てが
最低、限保証されています。

 

 

こういった環境の中で
ビジネスをしていくにあたって、
何を選択すると稼げるのか?

 

 

一般的な答えは、
お客様の「悩み事」を
解決することです。

 

 

ただ、このアプローチは
簡単でやりやすい分、
「ライバル」の参入を
助長してしまいます。

 

 

競合会社がどこも
同じようなメッセージを出し、

 

結果的に、どこから買っても
同じような商品に見えます。

 

 

すると、当然ですが勝ち残るのは
業界の中でも資金力、影響力のある
上位1、2社のみ。

 

 

資本主義社会はなかなかに
厳しいものがあります。

 

 

そうなると、これからの時代は
「悩み事」を解決する発想だけでは
勝ち抜くことが難しいという
結論に行きつきます。

 

 

では、どんな方法論が
考えられるでしょうか?

 

 

ライバルの参入障壁を高め、
客単価も自然に高くなる
これからのビジネスの考え方は、、

 

 

「欲しい」を売ること。

 

 

聞くと当たり前のように
感じるかもしれませんが、
実は「欲しい」を売るのは
そんなに単純ではありません。

 

 

前述した通り、
すでにお客様からの「欲しい」が
見えている場合は、

 

当然ながら競合も同じサービスを
ぶつけてきますから、
競争は激化します。

 

 

そうではなく、
今回のケースでの「欲しい」は、

 

お客様が”まだ気づいていない”
潜在的な「欲しい」です。

 

 

いわゆる「イノベーション」
ですね。

 

 

ここをいち早く見つけ、
「言語化」したものが
勝ち上がります。

 

 

では、どうやったら
売れるイノベーションを
生み出せるのか?

 

 

長くなりそうなので、
続きは次回のメルマガで
お知らせしたいと思います。

 

 

まずは、
お客様が気づいていない
潜在的な「欲しい」を、
どれだけ見つけることが出来るか。

 

 

リサーチから始めてみましょう。

 

 

相馬浩基

 

 

★facebookページあります!→http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/1087/2087

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=