お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



社員の定着率を上げる助成金その3(2017/02/27)


おはようございます!
東京税経センターの井本です。

 

いよいよ確定申告シーズンが始まりました。

 

この時期、
自身の申告もあるので
自分とと家族の医療費の領収書を並べて

 

昨年は、
春と秋にぎっくり腰やったな~

 

とか、

 

この時期歯が痛くて歯医者行ったな~

 

とか、

 

ちょっとメルマガには
書きづらい病院に行ったな~

 

など、

 

昨年度の様々な病気や不調を反省し、

今年こそは医療費控除の適用が
ないくらいに抑えたいと

 

決意を新たにしたところです。

 

 

さて、今日も先週に引き続き

『職場定着支援助成金』

についてです。

 

職場の定着率を上げるために

 

①評価・処遇制度

②研修制度

③健康づくり制度

④メンター制度

 

上記の制度を作れば
各10万円ずつ、

 

そして、実際に職場への定着率が
昨年と比較して上がっていれば

 

つまり、結果を出していれば

 

そのご褒美として
追加で60万円もらえる、

 

フルセットで
なんと、100万円ももらえるという
助成金なのですが、

(ここまでは先週のおさらい)

 

今日は

③健康づくり制度について

詳しくご説明しますね。

 

助成金獲得のためには
以下の5つをすべて満たす必要があります。

 

(以下、役所の言葉)

 

(1)通常の労働者に対して、人間ドッグ等を導入する事業主であること
(診断項目に胃がん検診・子宮がん検診・肺がん検診・
乳がん検診・大腸がん検診・ 歯周疾患検診・骨粗鬆症検診
のいずれかを含む必要があります。)

 

(2)医療機関への受診等により費用を要する場合は、
費用の半額以上を事業主が負担しているこ と。

 

(3)事業主が診断結果・所見等の必要な情報の提供を受けて、
その状況に対応した必要な配慮を行うことを目的としたものであること

 

(4)この制度が実施されるための合理的な条件および事業主の費用負担が
就業規則に明示されていること。

 

(5)雇用管理制度整備計画期間内に退職が予定されている者のみを
対象とするものでないこと。

 

つまり、ざっくりというと・・・

 

(1)人間ドッグ等を一般社員にも受けさせて

(2)その費用の半額以上を会社が持ち

(3)その結果を単に見るだけでなく、
さらに健康になるように仕向ける。

(4)これらを就業規則に謳って

(5)社員みんなで実施することになっていれば

 

10万円ゲットです。

 

そして、結果が出て

実施後1年で離職率が減少すれば

 

そうです、

ご褒美の60万円がついて

トータルで70万円ゲットです。

 

ちょうどスタッフみんなに
もっと健康になってほしかったかったんだよ~!

 

という社長様、

是非TZCにご相談ください。

 

スタッフの心身が健康なだけで
会社もきっと明るくなりますよ。

 

 

今週で2月も終わり、3月が始まります。
今週も頑張っていきましょう!

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=