お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



審理の許可を取っていることの真意(2017/02/16)


おはようございます!
税理士の松嶋と申します。

 

本メルマガは、皆様が怖い怖い
とおっしゃる税務調査に対し、
勇気をもって戦えるノウハウを
解説しております。

 

私のパートは【毎週木曜日】です。

税務調査について分かりやすく
解説していきます。

 

 

 

それでは、第百七回目。

 

テーマは、

「審理の許可を取っていることの真意」です。

 

税理士からよく相談を受けることでもありますが、税務調査において
法律の解釈が問題になった場合、調査官がよく

これは審理の許可を取っています

という指導をします。

 

審理とは、

税務署において法律の審査等を行う部署

をいいます。

 

例えば不正行為があったとして重加算税をかける場合など、後日トラブルになる
法律の問題が生じた場合には、審理は

法律的に問題がないか厳しくチェックをしている

部署です。

 

税務署の調査官のほとんどが法令に詳しくない現状、税務調査において法律が問題になる
場合には、

審理担当の見解がそのまま税務署の見解となる

ことが通例です。このため、審理担当に許可を貰ったということは、調査官にとってみれば、

税理士や納税者がいくら交渉しようと原則として課税して問題がない

と解釈する傾向があります。

 

このあたりの事情は税理士も重々承知しており、税務署と交渉する税理士にとっても、

調査官が審理の許可を得ている以上、法律的に疑問がある税務調査の問題点についても
交渉ができないのではないか

と考えることもしばしばです。

 

しかし、実際のところ、調査官が言う審理の許可とは、

非常に曖昧で信頼に足りるものではない

ことが通例なのです。

 

審理は税務署の中ではかなり忙しい部署です。このため、いちいち
調査官の質問に答える時間はありません。

 

結果として、調査官も、特に収集した資料を見せずに、世間話程度に口頭ベースで
課税できるか質問をして、審理から大丈夫じゃないですか、といった許可をもらった
にすぎないことがほとんどです。

 

しかも、許可を得ている、というのも

後日決裁に挙げる際、審理につつかれて困らないよう、根回しする

というのが本当のところで、公的な見解を貰っているとは到底言えないのです。

 

税法に限った話ではありませんが、物事を法律に当てはめるとなると、

事実関係をきちんと精査する
法律以外に、学説なども調べる

といった手間のかかる作業が必要になります。

 

しかし、審理担当者は非常に忙しいですから、法律に詳しくなく的を射ない調査官の質問について、
税務調査で収集した資料などに照らしてきちんと精査している時間はありません。

 

このため、「調査官の話を前提とする限り」課税して問題ないと思われる、といった趣旨で
調査官の質問に答えていることがほとんどです。このため、

審理担当者が自分の上司の決裁を得て、許可を与えている

といったことは、基本的にはありません。

 

もちろん、税務調査が終了し、調査官が税務調査の報告書の決裁を取る際、審理担当者は
調査官が収集した資料を深く確認して法律上問題がないか確認します。

このような実務は、あくまで最終段階ですので、それまでの許可とは先に述べたような
簡易なものです。

 

実際のところ、事前に審理の許可を得ていたとしても、審理担当者から附箋付きで、報告書の
内容につき疑問点の指摘を受けることも多々あります。

 

あらかじめ報告を受けていた事実関係と、報告書に添付された資料から判断できる事実関係が
異なること
的を射ない調査官の説明では見えない事実関係が明らかになること

 

これらの問題がありますので、このような事態が生ずるのです。

 

となれば審理の許可を得ていると言っても、それが最終的な税務署の見解にならないことも
十分にあるのです。

 

何より、審理の許可を得ていると言いながら、

筋違いなロジックを提示する

調査官も数多くおり、審理担当を交えて抗弁したところ、すぐに誤りを認めたという
事例も耳にします。審理担当も忙しいので、

最終的に確認すれば足りると考えて、手を抜いた回答をする

ことも多くあります。

 

このため、審理の許可を得ていると言われても、あまり気にせず交渉することが可能です。

 

本当に問題がないのであれば、一個人に過ぎない審理担当者の許可ではなく、法令の根拠を
的確に示すことができるはずですから、審理の許可の有無ではなく法令の根拠の提示を
問題にすることとしましょう。

 

それではまた来週!!

 

追伸、

わたくし松嶋洋の詳しいプロフィール
は以下のサイトからどうぞ!!

↓↓↓

http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/965/2087

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=