お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



年収1000万は金持ちか?(2017/02/08)


おはようございます。
相馬です。

 

 

「自分の価値は自分では決められない」

 

 

例えば、収入が1000万円の方、
仮にAさんがいたとしましょう。

 

1000万といえば
日本の平均年収よりは
はるかに高い年収ですが、

 

仮にAさんが六本木の
タワーマンションに住んで
いたとしたら?

 

おそらく家賃もそれなりにしますし、
まわりにはそれ以上の
お金持ちだらけですから
あまり「お金持ち」を実感する
ことはないでしょう。

 

逆に、周りが年収300万円の
コミュニティに所属していたとすれば
おそらく相対的に「お金持ち」を
実感できるかもしれません。

 

 

インフレになれば
お金の「価値」は薄れ、

 

発展途上国にいれば、
日本の何倍もの「価値」を
感じることが出来る。

 

 

いくら稼いでいるか?
というお金そのものの価値は、

 

自己評価ではなく
周りの「環境」や
「構造」に依存する。

 

 

つまり、私たちの価値は
常に何かと「比較」されることで
決まるということです。

 

 

では、ビジネスの文脈で
考えてみましょう。

 

 

自社の価値は、果たして
自社で決めることが
できるのでしょうか?

 

素晴らしい(と思っている)
商品であれば
売れるのでしょうか?

 

得意なことをしさえすれば
売れるのでしょうか?

 

好きなことを続けてさえいれば
いつかは売れるのでしょうか?

 

 

そうではありませんよね。

 

 

自社の価値は自社では
決められません。

 

なぜなら、自社の価値は
自社を取り巻くマーケットや
その「構造」に依存するからです。

 

 

自社の価値はまわりとの
「比較」によってのみ
決定づけられるのです。

 

 

だとすれば、目を向けるのは
「お客様」や「ライバル会社」で
なければなりませんよね。

 

 

その「構造」の中で、
自社がどこに位置しているのかを、
冷静に見極め、

 

常に変動しながら
変化に対応していくことが
唯一「価値」を生むことに
つながります。

 

 

そこにしか答えはありません。

 

 

自分の好きなことや
情熱を持てることの中に
「答え」があることは稀ですよね。

 

むしろ、「自分の好き」は
事業を続けていくモチベーションという
「継続性」にのみ真価を発揮するのでは
ないでしょうか。

 

 

商品よりもマーケット。

 

「構造」に向き合うことで
必ずビジネスはブレークスルー
できます。

 

 

相馬浩基

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=