お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



ダチョウ倶楽部から学ぶセールス法(2017/01/25)


おはようございます。
相馬です。

 

セールス
マーケティング(集客)
マネジメント

 

 

上記はビジネスを行ううえで
大事な要素といわれる一方で、

 

これらを別々に分けて考えている
経営者の方が多数です。

 

 

それぞれの手法や考え方、
巷に出回っている書籍などでも
その差は浮き彫りです。

 

 

確かにかかわる人の属性や
そのタイミング、ステージなどで
その手法はばらばらではあります。

 

 

その一方で、これらには
ある「共通点」があります。

 

セールス
マーケティング
マネジメント

 

これらはすべて、
「人を動かす」という行為に
他なりません。

 

 

要するに、

これらの課題があるということは
人を動かせていないということに
なります。

 

 

では、一般的に人を動かすには
どのような方法があるのでしょうか?

 

 

相手の悩みを解決すること、

相手の願望をかなえること、

相手にプレッシャーを与えること、

相手を承認すること、

 

 

結論、

 

これらの手法は
過去のものとなりつつあります。

 

 

確かに、一昔前であれば
通用したかもしれませんが、
その行為の「意図」が
相手に透けて見えるため、

 

 

受け取り側もなんとなく
消極的であり、決して本気で
能動的に動いてくれるわけでは
ありません。

 

 

どんな言葉をかけようと、
その根底にあるのはこちらの
「都合」であるという事実。

 

それを感じさせているうちは
相手は思うように動いては
くれないのです。

 

 

立ったひと時のテンションだとか
モチベーションはカンフル剤にすぎず、

 

あたかも麻薬のように
効き目は薄れてくるものです。

 

 

であれば、「動け」をいう
言葉を使わずに「動かす」方法を
知る必要があります。

 

 

では、どのような言葉が
思いつくでしょうか?

 

 

このメルマガでは具体的な
「答え」ではなく、できるだけ
抽象概念である「考え方」を
お伝えするつもりではありますが、

 

せっかくなのでひとつだけ
ヒントをお伝えいたします。

 

 

知る人ぞ知る、
ダチョウ倶楽部の上島さんの
有名なギャグがありますね。

 

 

「押すなよ!押すなよ!」

 

 

という、

もはや定番のギャグですが、

 

 

・・・果たしてその結果は
どうなったでしょうか?

 

 

笑い話に聞こえるかも知れませんが、
こういった手法はメディアや
大手広告代理店が大衆を操る
常套手段となっています。

 

 

もちろん、
効果があるということです。

 

 

当然、私たちのセールスや
マネジメントにも大いに
応用できる考え方ですので、

 

皆様もアイディアをひねり出して
活用してみてください。

 

 

私たちの周りには
「言語化」されていない
人を動かす「ヒント」が
たくさんあふれています。

 

 

相馬浩基

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=