お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



悩む前に(2017/01/23)


おはようございます!
東京税経センターの井本です。

 

ここ数年、
世間を賑わせている
ノロウイルスとやらに

 

とうとう感染してしまいました。

 

聞いているものと

 

実際に体験するとでは

やっぱり違うもの。

 

いやー、すごいです。

 

朝から汚い話になってしまうので
症状については割愛にしますが、

 

日頃の健康の有難さ、

 

お医者さんに気軽にかかれる
この日本の環境、

 

おかゆを作り置きして
実家に子供たちを
連れて行ってくれた妻と

 

そして
ウオッシュレットを
発明してくれた方に

 

心より感謝申し上げます。

 

 

さて、そんな井本は

 

先日、台東区役所にて

区民の皆様のために

 

相続税に関する
無料相談会に参加してきました。

 

1人30分の区切りで
午前中、計5名の方の相談に
乗らせていただきました。

 

今日は、その相談の一部を
書いてみたいと思います。

 

Q1、親から相続を受けたのですが、
相続税ってどれくらいかかるのでしょうか?

 

非常にざっくりとした
質問から始まりました。

 

大半の方は
この状態かもしれません。

 

法定相続人の数と相続財産で
大枠が決まりますので
まずはそちらを教えてもらうと・・・

 

相続人は私と子供1人で

 

家が○○にあって、

貯金と死亡保険金が少しあります。

 

PCを持っていたので
その場で対象物件の
路線価を調べてあげつつ

 

簡単なヒヤリングで計算すると
全ての財産で
おおよそ3000万円弱でした。

 

今回の相続では
4200万円を超えたら
相続税がかかる可能性があるので

 

きっと納税も申告もしなくても
大丈夫ですよ。

 

と伝えてあげると

 

やだー、わたくし、

 

2000万円くらい
払わなければいけないかと思って

 

そんなに払えなーい!

 

なんて不安だったのー。

税金ない?
ありがとうございます!!

 

どうやらこのお方、

 

相続発生 → 相続税 = 2000万から

 

なんてイメージでいたのでしょう。。。

 

なんにせよ、
喜んでいただけて良かったです。

 

そんなやり取りで
あっという間に30分。

 

 

さあ、次の方です。

 

次は少し重いです。

 

Q2、自宅は一部私のものですが
大半の名義は夫で、住宅ローンが残っています。

それとは別に、
80代後半の母が代表を務める会社で
夫が働いており、
その会社には1300万円の借金があります。
(母は連帯保証人になっています。)

また、その店舗を大規模修繕した際
1200万円の借金を母個人の名義でしています。

これらは私の子供たちに相続されてしまう可能性は
あるのでしょうか?

 

さあ、これを30分で解決するとなると厄介です(笑)
(正確な状況を聞き出すだけでも時間がかかりますので)

 

手始めに住宅ローンの話ですが、

まず、万が一、
奥様に何かがあった時には

債務があればそれは法定相続人にも及びますが
奥様には借金がありませんので
そもそも相続すべき借金がありません。

 

一方、ご主人に万が一のことがあった時には
団信(団体信用生命保険)に
加入しているとのことでしたので

それをローン期間中続けてさえもらえれば
万が一のことがあっても
残りの部分は団信で精算してくれます。

 

なので、住宅ローンのことは
心配されなくてもよいかと思います。

 

さあ、次の問題、
店舗を持たれているようですが、
そこを路線価で調べてみると
路線価評価で土地だけで
3500万円ぐらいでした。

 

例えば、
今不動産市況もいいですから
売却して返済するということも
考えられますし、

 

今はプラスの財産の方が
非常に大きいので
問題ないかと思いますが
いかがでしょう?

 

話を聞いていると

 

どうやら借金をしているというだけで
お子様たちから

 

やれ家を売ってしまえだ、

 

店舗を売ってしまえだ
言われているようです。

 

自宅を手放すのは
その後の人生を考えても大変なことです。

 

それを

 

どういう状況か

 

何がリスクなのか、

 

どこまでのリスクがあるのか

 

しっかり分かっていないで
恐れをなして
軽々しく言ってしまうのは

 

精神状態だけでなく

家族関係にも悪い影響を与えます。

 

仮に
マイナスの財産の方が
大きくなってしまい
80代のお母様に相続が
発生してしまったときには

 

ご夫婦の世代で

 

あるいは、

 

次の子供たち自身が

『相続放棄』をされれば

 

子供達に祖母の
債務が行くことはないのです。

 

実は、これから子供たちを会うんです。

そうやって話ししてみます。

 

その奥様は

相談に来られたときは
切羽詰まった表情でしたが、

少しだけ明るくなったように見えました。

 

心配事はため込むとよくないです。

 

何事もTZCへご相談を。

 

さあ、今日はわたしく
自宅謹慎で恐縮ですが、

今週も頑張っていきましょう!

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=