お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



この税制改正に注目!(2016/12/06)


おはようございます!
東京税経センターの徐です。

 

師走です。

 

毎年同じことを思いますが、
特に今年はそう思ったこと。

 

今年も早かった・・・

 

なんでこう感じるんでしょうね?
年を取るたびに皆同じなのかな?

 

 

ま、あと1ヶ月弱ですが、最後まで
走り切って2016年を終わりましょう!

 

 

 

さてさて、

 

この時期になると毎年騒がれるアイツ。

そうです、税制改正です!!

 

 

で、ワタシの注目はコレ!

「上場株式による相続税の物納緩和」

です。

 

 

相続時に困ることは沢山ありますが、
その中でも二大巨頭があります。

 

・相続争い(争族)

・納税資金(がない)

の2つ。

 

 

で、納税に困っている方のために
延納や物納といった制度があります。

 

延納は分割払いで、物納は現物払い
ですが、この物納には順序があります。

 

まず土地、これで足りなければ次に株式、
という順番です。

 

で、今回の改正案は、この株式の順序を
土地と同順位にしようというもの。

 

 

 

さて、こうなると何が起こるか??

 

 

相続直前に上場株式を1億円購入します。

 

相続税の申告・納税期限は相続開始から
10ヶ月以内です。

 

 

だから、相続後、

 

10ヶ月後に1億5千万円に値上がりすれば
ラッキー!売却して相続税を払います。

10ヶ月後に相続後に5000万円に値下がり
の場合は株式を物納します。

 

 

なんで??

 

物納による場合の国の収納額は、時価とは
関係なく相続時の評価額です。

だから、相続時に1億円の評価だった株式
が5000万円に値下がりしても、1億円で
納税(物納)という仕組み。

もちろんゼロ円になっても、です。

 

 

ということで、

この税制改正が実現すると、株式投資は
国による損失補てん、というあり得ない
特約付きの相続税納税対策に変身します・・・

 

スゴイでしょ?

 

とはいえ、物納の条件は厳しいので、
要件をよく確認してから実行を。。。

 

自己責任でね。。。

 

 

 

 

もちろん、TZCにご相談を、
というオチはいつものとおりです!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来週もお楽しみに!!

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=