お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



コーヒーはコーヒーか?(2016/12/02)


おはようございます。
相馬です。

 

 

【コーヒーの意味】

 

私たちは普段、
言葉を聞いた時に
いろいろな「意味」を
思い浮かべます。

 

 

例えばコーヒーという言葉。

 

 

私たちが思い浮かべるとすれば、
あの黒くて苦くて白いカップ、
または缶に入っているあれです。

 

 

辞書で調べてみると、、

===================
コーヒーの木(=あかね科の常緑高木)の
実をいって粉にしたもの。

また、それを水または熱湯で浸出した飲物
===================

 

 

という回答を
得ることが出来ます。

 

 

果たしてこの答えは
本当でしょうか?

 

 

例えばホテルのラウンジで
メニューを見ていた時に、
その中からコーヒーを
頼もうとしてウェイターさんに
声をかける場面を想像してください。

 

 

手を上げたら、
ウェイターさんが
笑顔で近づいてきます。

 

 

そこで一言。

 

 

『コーヒー!』

 

 

ウェイターさんは
笑顔で頷きながら
去っていきます。

 

 

そして数分後には、
アツアツで素敵なカップに入った
コーヒーが目の前に運ばれて
聞います。

 

 

そう、

 

『コーヒーを持ってきて』とも、
『コーヒーをください』とも
言っていないのに。

 

 

たった一言『コーヒー』で
意味が通じてしまいます。

 

 

これが「文脈」です。

 

 

私たちは普段の生活において
ついつい「言葉の意味」そのものを
気にしてしまいます。

 

 

だからこそ
言った言わないなど、
相手に伝わらない
コミュニケーションが
多発するのです。

 

 

人間として生活を送るのに
本来大切なのは、辞書に載っている
規定通りの言葉の意味では
ありません。

 

 

それよりも、会話の流れや
その前後の出来事まで含めた
「文脈」を読み、言葉の意味を
変化させることが大事なのです。

 

 

この能力が高い人は総じて
セールスや交渉、マネジメントなど
人を動かす能力が高い傾向にあります。

 

 

言葉の意味よりも、
その言葉が使われる背景(文脈)
を優先させましょう。

 

 

それではまた。

 

 

相馬浩基


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=