お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



新しい試み(2016/10/03)


おはようございます!
東京税経センターの井本です。

 

TZCで初の部活動が発足しました。

 

それも、なんと、登山部!

 

記念すべき第1回目は、

家族も合わせて10名で
高尾山に行ってきました。

 

前日にはお手製のしおりが配られ、

 

悪天候が予想されていたにもかかわらず

自称”晴れ男“なるスタッフが
雨を止め(⁉)

 

うちの3歳の長男を含む子供達を
女性社員を中心に面倒を見てくれたり

 

それぞれが
出来る範囲で協力してくれて
最高のスタートが切れました。

 

あまりにも良かったので
登山(部)を押してみたいと思います。

 

以下の3つの意味でも最高です。

 

第1には、健康面から。

自然の中での運動は
心身はリフレッシュされ、

 

また、登山は事前に
ある程度体力をつけようとしたり
体調を気にしようとしたりと

 

日々の健康を気遣う動機になります。

 

第2には、
皆で達成感を体感できる点です。

 

辛くなりながらも
『山頂』という目標に向かって
一団となって1歩1歩を積み重ねてゴールする。

 

その山頂で食べる
お弁当のおいしさと

広がるその景色は

 

頑張って登り切ったという達成感を
さらに豊かなものにしてくれます。

 

3つ目は、自発性が自然と出てきます。

 

前述のしおりなどは
社員の自発的な行動であり

 

楽しいことをするときには
最大限楽しみたいと

 

創意工夫が自然とされます。

 

これらの面は、
普段のビジネスにおいても
きっとプラスに働くことでしょう。

 

社員のモチベーション向上や
社内風土を明るくしたいと考えている
経営者の皆様

 

社内行事や部活動をお考えなら

登山(部)はオススメです。

 

 

さてさて、

 

その部活動の支出は、

 

給与課税などされずに
かかる費用は福利厚生費に
なるのかどうかは

 

社会通念上、
一般的なもの(内容、金額)かどうか、

 

役員だけ、など
一部の限られた人だけが対象、というわけでなく
分け隔てなく社員が加入できるものかどうか

 

が、判断材料となるのでしょうから

 

会社に請求すれば
福利厚生費として
経費になると思われますが
(ヤッター!)

 

代表の徐が

 

この部活動を知ったのは
登山の前日・・・

 

会社として
そもそも『登山部』が本当にあったのか!?

 

という問題に直面します(笑)

 

まあ、今後の活動に期待です。

 

10月も始まりました。
今月も頑張っていきましょう!

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=