お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



ポケモン保険でウハウハ?(2016/08/30)


おはようございます!
東京税経センターの徐です。

 

やってますか?ポケモンGO!!

 

今日みたいな台風の日には
家の中でゲームに没頭という
のもいいかもしれませんね。

 

あ、ポケモンGOは外に行かなきゃ
ダメなんだったけか・・?

 

ま、私は全くポケモンGOをやってない
のであまりよく内容を知りませんが。。

 

がしかし、街中や電車などでゲームに
集中している人々を多く見るように
なったことは確かですね。

 

歩きながらでも十分危ないのに、
車やバイクを運転しながらプレイ
している人などもいるようで・・・

 

崖から転落、強盗被害、運転中の
プレイで違反切符、などなど事件
も沢山起こっています。

 

 

とはいえ、

何かあった場合でも、原則としては
自己責任です。当然です。

 

そんな「自己責任」を見透かしたか
のように、

ポケモンGOの利用規約には以下の
ような文言があるそうで・・・

 

(以下、抜粋)

「・・・本サービスの利用中にお客様が
被る可能性のある損害に関してお客様が
合理的に必要であると考える健康保険、
損害賠償保険、災害保険、人身傷害保険、
医療保険、生命保険及びその他の保険契約
をお客様の責任において維持することに
同意するものとします。・・・」

 

 

要約するとこんな感じ。

 

「ポケモンGOへようこそ!!」

「みんな思う存分楽しんでね!」

「でも、ケガしても知らないよ。」

「最悪死んでも自己責任だからね!」

「ウチ(運営会社)は責任取らない
から保険に入っておいてよ!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

え・・・ナニコレ??

スマホゲームをやるだけなのに、
保険加入しなくちゃいけないの?

 

てか、皆コレちゃんと読んでる?

絶対に全部スっ飛ばして合意ボタン
を押してるよね・・・

 

 

 

そして、実際に事故や紛争が起こった
時のために、利用規約のワナはさらに
巧妙に続きます。

 

「・・・本規約は・・・抵触法を考慮
することなく、カリフォルニア州法
に準拠する」

 

さらに続きます。

 

「・・・専属裁判管轄権及び裁判場所は、
カリフォルニア州北区に所在する州
及び連邦裁判所・・・」

 

 

つまり、もし争う場合であっても、
日本の法律ではなくカリフォルニア州
の法律に従うことになります。

 

よ~し、どこまでも争ってやろうじゃ
ないのよ!と意気込んでも、

 

裁判をやるために、わざわざ米国は
カリフォルニアまで足を運ばなけれ
ばいけません。

 

 

ポケモンGOは任天堂が作ったんじゃ
ないの??なんでアメリカよ???

 

いえいえ、ポケモンGOはNiantic,Inc
という米国の会社が製作しています。

 

だから、当然のごとくアメリカ流に、
最悪の事態を想定して、利用規約の
中で免責条項や仲裁合意規定など
などを綿密身盛り込んでいます。

 

 

ま、日本の場合、消費者契約法によって
消費者はかなり有利に守られる仕組みに
なっています。

 

さてさて、実際に紛争になった場合には
どうなるのでしょうか・・・?

 

 

それはそれでもちろん興味深いけど、
やっぱり前提は自己責任ですよね。

 

コドモはともかく、いいオトナが街中
でポケモンを一心不乱にゲットしてる
姿を見ると情けなくなります・・・

 

 

そのうち、

ポケモン保険リビングニーズ特約付き!
なんて商品が販売される日が来るのかな?

 

そうすると、米国の利上げプラス
保険ニーズ増大で、塩漬けしている
生保株が値上がりして・・・イッヒッヒッ。。

 

なんて考えてるとポケモンやらなくても
事故に遭いそうなので、今朝はここらで
退散いたします・・・

 

 

 

 

 

 

来週もお楽しみに!!

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=