お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



五輪と容積率の関係・・・?(2016/08/23)


おはようございます!
東京税経センターの徐です。

 

オリンピックも閉幕し、
安倍首相もマリオになり、

終わってみれば平和な、
そしてエキサイティングな
オリンピックでした。

 

日本もメダルラッシュで
感動シーンも盛り沢山。

 

問題は色々とありますが、
2020年の東京が楽しみです。

 

 

さて、

そんな2020年の東京五輪に向け、
3000万人の訪日外国人観光客を
受け入れる体制を作るどころか、
ホテル不足が深刻化しています。

 

この全国的なホテル不足を解消
するため、ホテルの建設ラッシュや
民泊やらが盛り上がりをみせている
のはご存知の通りです。

 

ホテルは常に稼働率は8割を超え、
あのアパホテルでさえは1泊3万円
という高騰ぶり。

もちろん時期にもよりますが・・・

 

 

さらに、銀座あたりではどんな土地
であっても、ホテル用地であれば
バンバン高く売れているようです。

 

こんな状況を後押しするように、

国交省は突如、ホテルに限って容積率
を1.5倍もしくは300%を上限に上乗せを
認める方針を打ち出しました。

 

ホテル業者にとっては有難い話です。

銀座に土地を買ってホテルを建て
れば、普通にビルを建てるよりも
床面積が1.5倍になります。

 

 

しかも、なんと!

普通のビルでも一部を宿泊施設と
すれば容積率300%分の上乗せを
認めるなんて話も。。。

 

 

え~、ナニソレ!?
ズルイじゃないか~!!

 

フツウのビルオーナーからは
当然に文句が出るでしょうね。

 

 

 

いや、その前に単純な疑問が・・・

 

ホテルが足りないから容積率を
緩和するってどういうこと??

 

そもそも容積率って安全面を
基準に決まってるんじゃないの??

 

 

つまり、

ホテルが足らんから容積率を
増やすということは、

建築基準法に定めている容積率
というものは、国交省が勝手な
都合でテキトーに決めていただけ、

ということになるのでは・・・

 

 

はい、この土地は200%ね!
う~ん、ココは160%でいいか!

みたいに・・・

 

 

こういう場面で、国(官僚)というのは、
本当にテキトーにその場凌ぎの
仕事をしていることが良く分かります。

 

 

安倍さんが

「訪日外国人観光客数を○○万人にするぞー!」

とテキトーな号令をかけると、

 

官僚が

「じゃ、ホテルに限って容積率を増やそうね!」

とテキトーに処理方針を決めます。

 

 

なんで宿泊施設だけ??
なんで1.5倍300%が上限??
高さ規制や日影規制は??
基準は?安全性は?

そもそも今までの根拠は??

 

 

 

勝って兜の緒を締めよ

 

金メダルラッシュ沸いたリオ五輪。
それはそれで素晴らしいこと。

でも、それは選手たちが毎日不断
の努力を続けた結果です。

 

競技施設や宿泊施設の問題など、
2020年までに解決すべき課題は
山積しています。

 

頑張った選手たちに負けないように、
国もピシッと筋を通して準備して、

立派なオリンピックを開催できるよう
に努力を続けてもらいたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来週もお楽しみに!!

 


===========================================================
東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=