お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



経営者がまずやるべき2つのこと(6/15)


おはようございます!
相馬です。

ビジネスをしていると
大きく分けて2つの力が
必要です。

一つがマーケティング力です。

これはあなたの商品に対して
いかに集客をするか、そして
販売をするかということ。

例えば売れてないラーメン屋さんの
経営者さんが普段何をしているか?

たいていは味の追及です。

スープの改良をしたり、
いろんな味のラーメン屋さんを
食べ比べてみたり、
トッピングを追加してみたり、

とことん商品の”質”を
上げようと努力します。

それ自体は決して
悪いことではありません。

ですが、現実問題そのラーメンを
食べてくれるお客さんがいないことには
何も始まりません。

極論、美味しいか美味しくないかは
食べてみたお客さんが決めることですから、
まずは何よりもお店にお客さんを
呼ぶことが大事です。

そうすることでキャッシュが生まれ、
販促費や広告費に回したり、
新商品の開発や人件費に充てるなど、
どんどん良い循環が生まれるのです。

特に、ビジネスを始めたての頃や
売り上げが低下しているときほど、
マーケティングの比重を上げないと
気づいた時には手遅れになっています。

資金繰りにウルトラCはない、はず。
(ですよね?徐先生。)

それで、もう一つの力が
イノベーションです。

これは先ほどのお話とは
矛盾するかもしれませんが、
まさに商品力の事です。

ビジネスで一番お金がかかるのが
新規集客。

ここに注力を注いで、
お店にたくさんのお客さんが
来たとしましょう。

ところが、思ったよりも
美味しくない。というか
イマイチな味だ。

するとどうなるかと言うと、
当然一回こっきりになって、
そこからリピートは生まれません。

リピーターさんがいないお店は
常にお金のかかる新規集客を
続ける羽目になりますから、

これまたいつまでたっても
現金が残らないのです。

結局、

マーケティング(販売力)と
イノベーション(商品力)とは
切っても切り離せないもの。

両輪です。

こんな偉そうなことを言っている僕も
実は、過去に痛い思いをしました。

集客やコピーライティングの
技術ばかり磨いていたので、
おかげさまでマーケティングの
腕は上がっていきました。

ところが肝心のコンサル力、
つまりお客さんに成果を出させる
力が不足していたのです。

こればっかりは、経験を積んだり
お客さんに対してのリーダーシップなど
他のスキルが必要なので、一朝一夕には
できません。

そこを軽視していたため、
せっかく僕を期待して高いお金を
払ってくれたお客さんに
成果を出してあげられなかったことが
何度もありました。

今考えてみると、
本当に申し訳なかったです。

そこから反省して、改心して、
お客さんの成果だけを考えるように
なってから、やっとビジネスが
軌道に乗り始めたのです。

おかげさまで、今では良きパートナーさん
数社にプロデュースしていただいたりと、
本当にありがたい状態でビジネスが
できています。

お客さんの中にはコンサル契約を
延長していただいたり、顧問にして
いただいたりと、本当に感謝の
気持ちしかありません。

少し脱線しました。

まとめると、企業の役割として
マーケティング(販売力)と
イノベーション(商品力)の
2つの必須科目があることを
改めて考えてほしいのです。

これらはどちらかだけで成り立つ
者ではなく、両輪であることも。

一度時間をとって、ご自身の
ビジネスを俯瞰して眺めてみては
いかがでしょうか?

ちょっとしたことで
ブレークスルーが生まれるかも
しれませんよ。

相馬浩基

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

起業するならココ!
法人登記や銀行借入もOKです。

銀座のバーチャルオフィス
TBS「東京ビジネスセンター」

http://virtual-office-tokyo.jp/

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

最後までお読みいただきありがとうございました。
本メルマガは土日祝日はお休みさせて頂いております。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■ 発行者:税理士法人東京税経センター
■ 連絡先:東京都台東区上野3‐14‐1‐5F
  TEL: 03(6803)2905 FAX: 03(6803)2906
■ サイト:www.tokyozeikei.jp
■ 責任者:徐 瑛義(税理士・行政書士)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐