お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



あなたはどっちのタイプ?(6/10)


おはようございます!
相馬です。

先週のお話し。

銀座でセミナーを開催するので、
新宿から丸の内線で銀座駅へ。

駅を降りてセミナー会場まで
テクテクと歩いていると、
ものすごい行列が。

なんだろう?と行列の
先頭を見てみると、
どうやらうどん屋さんのようだ。

銀座で行列に並んでまで
食べたいうどんって
興味ありますよね?

まあ、残念ながら
セミナーを控えていた僕は
そのままうどん屋さんの前を
スルーして通り過ぎました。

ちょっと質問です。

あなただったら、行列の出来る
うどん屋さんがあったら
並んでまで食べてみたいと
思いますか?

(そのうどん屋さんにはまだ
行ったことがない前提です。)

並んじゃいますか?

それとも、並ぶのは
バカらしいですか?

これって、別に正解はなくて
どっちを選んでもいいんです。

ただ、明らかにこの両者では
思考が違います。

思考が違うということは、
彼らを集客するときの
手法が異なるということです。

例えば、、

前者:初めてのお店でも並ぶ人

このタイプは大勢の人が
並んでいるのだから、
美味しいに違いないと
考えます。

これは、心理学では
「社会的証明」と呼ばれます。

・食べログの星の数を
 参考にする人

・アマゾンの口コミを
 参考にする人

・お笑い番組で、録音された
 笑い声につられて笑って
 しまう人

など、多数決や大勢の評価を
基準にして物事を選択する
人たちです。

ちなみに、日本人の多くは
このタイプだそうですね。

では、彼らを集客するには
どうしたらいいのか?

答えは・・・

『お客さんの声』です。

お客さんからの評価の高さや
その数(サンプル)の多さが
彼らを信用させます。

自分の舌を信じるよりも、、
第3者がいかに評価してくれて
いるのか?が重要です。

ホームページなんかも
そうですよね。

できるだけお客さんの声や
成功事例を盛り込みましょうと
言われるのは、このためです。

一方、、

後者:行列を見てもなんとも思わない人

このタイプは、他人の評価は
あまり気になりません。

信じているのは自分の舌のみ。

もしくは、自分が本当に信頼の
おける友人や知人が紹介してくれた
お店だけ。

したがって、このタイプの人には
『お客さんの声』は通用しません。

もちろん、ホームページや
広告に書いてあることを
素直に信じることもありません。

さてさて、、

では、どうやったら後者のような
タイプの人たちを集客することが
できるのでしょうか?

答えは、、

『お試し商品』です。

無料トライアル、ないしは
格安のお試し商品(サービス)を
提供して、何はともあれ
本人に試してもらうことです。

このタイプは自分の目で見て
耳で聞いて、肌で感触を確かめないと
行動を起こさないのです。

その代わり、試してみて
本当に良いものだった時には
納得して購入してくれますし、

他社商品に浮気しにくいのも
このタイプです。

この辺を見極められると
集客やセールスの費用対効果が
高くなりますよね。

通販の広告を見ると、
どちらのタイプにも対応できる
ように、両方の手法が使われて
いるのが確認できます。

さすがです。

このように、相手のタイプによって
こちらのアプローチを変えることは、

集客やセールスだけでなく、
対人間のコミュニケーション
全般に有効です。

相手に合わせてあげることで
お互いハッピーになれますし、

多くの場合、スムーズに物事が
運ぶようになります。

使うも自由。
使わぬも自由です。

あなた次第で目の前の
出来事が変わります。

相馬浩基

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

起業するならココ!
法人登記や銀行借入もOKです。

銀座のバーチャルオフィス
TBS「東京ビジネスセンター」

http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/590/1129

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

最後までお読みいただきありがとうございました。
本メルマガは土日祝日はお休みさせて頂いております。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■ 発行者:税理士法人東京税経センター
■ 連絡先:東京都台東区上野3‐14‐1‐5F
  TEL: 03(6803)2905 FAX: 03(6803)2906
■ サイト:www.tokyozeikei.jp
■ 責任者:徐 瑛義(税理士・行政書士)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐