お気に入り頂けましたら、ぜひ本メルマガをご友人やお知り合いの方へご紹介くださいませ。
東京税経メルマガ



紹介を得られやすい会社の特徴(5/27)


おはようございます!
相馬です。

これまでたくさんの
経営者さんに会ってきました。

すると、紹介をもらえる方と
なかなかもらえない方の
違いが分かってきます。

今日のお話はひょっとすると
耳が痛いお話かもしれませんが、
大事な考え方なので
お伝えしたいと思います。

仕事を依頼されるとき、
作業ベースで選ばれることが
あります。

・仕事の精度はどうか?
・本当に成果を出してもらえるのか?
・価格は他社と比べてどうか?

など、その判断基準は
様々ですが、いろいろな角度から
精査された結果選ばれます。

この選ばれ方は
”ホワイトボックス”と
呼ばれます。

たとえ紹介を得られても、
ホワイトボックスで選ばれると

価格をこちらで決められなかったり、
すぐに他社に浮気されたりと、
結構大変な思いをします。

なぜなら、これは全体の仕事の
一部分(モジュール)として
選ばれるからです。

残念ながら、モジュールとは
替えの利く存在です。

一方、ブラックボックスという
選ばれ方があります。

これは文字通り、中身が不透明で
何をしているかは問われないと
いうことです。

グーグルで検索すると、
何をしているかわからないけれど
検索結果が出る。そんなイメージです。

このブラックボックスで
紹介が入る会社は本当に強い。

それこそ作業内容や価格など
ほとんど問われることはなく、

『あそこの会社だったら
なんとかしてくれるだろう!』

そんな、選ばれ方をします。

ブラックボックスは、
ただそれだけで機能する
(システム)として選ばれます。

絶大な安心感や信頼感、
仕事をまるっとお任せされることが
多くなります。

当然ライバルが入ってくる余地が
少なくなりますし、価格の交渉にも
なりにくいといったメリットがあります。

このようにホワイトボックスで
選ばれるか、ブラックボックスで
選ばれるのかには、大きな
違いがあるのです。

当然、ブラックボックスで選ばれた
ほうが、仕事のスケール感が大きく
なりますし、

今まで来なかった紹介が嘘のように
いただけるようになります。

他にも、他社とのJV(ジョイントベンチャー)
つまり、戦略的提携も決まりやすく
なりますよね。

ちなみに、手前味噌で恐縮ですが、
我が東京税経センターの
徐先生や井本先生が
ちょうどこんな感じのイメージだと
僕は勝手に思っています。

もちろん、それを支えている
メンバー全員が長い時間をかけて
築いてきたものなので、
みんなで勝ち取ったものとも
言えますが。

ブラックボックスと
ホワイトボックス。

あなたの会社はどちらの
選ばれ方を目指しますか?

相馬浩基

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

起業するならココ!
法人登記や銀行借入もOKです。

銀座のバーチャルオフィス
TBS「東京ビジネスセンター」

http://nnp.y-ml.com/cs/Daily/567/1129

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

最後までお読みいただきありがとうございました。
本メルマガは土日祝日はお休みさせて頂いております。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■ 発行者:税理士法人東京税経センター
■ 連絡先:東京都台東区上野3‐14‐1‐5F
  TEL: 03(6803)2905 FAX: 03(6803)2906
■ サイト:www.tokyozeikei.jp
■ 責任者:徐 瑛義(税理士・行政書士)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐