所長ブログ 台東区上野の税理士事務所:東京税経センター 

Tokyo Zeikei Center Official Blog

相続放棄について

| 0件のコメント

皆様こんにちわ!
台東区上野の税理士、徐です。

 

相続が発生した時、

例え相続人が自分しかいなくても

必ずなにか資産をもらえる訳ではありません。

 

被相続人が多額の借金を背負っている場合は、

相続によりその借金を背負うことになるでしょう。

(借金を「もらう」わけですね。)

 

自分に落ち度がなくても、

被相続人が借金を抱えていたら

債務を背負わなくてはならないのでしょうか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

被相続人が債務を抱えていた場合、

何もしなければ

債務の全てを当然に相続することになります。

 

これを防ぐには「相続放棄」の手続きを

家庭裁判所に申し立てるとよいでしょう。

 

相続放棄をしたい場合

被相続人の死亡を知った日から3ヶ月以内に、

家庭裁判所に「相続を放棄する」と申し立てますと、

その相続については、

始めから相続人とならなかったものとみなされます。

 

保証債務や借入金などのマイナスの財産が

プラスの財産(自宅、貸家、預貯金等)より多い場合、

事業の承継など特殊な場合を除いて

相続をする意味がありませんので、相続放棄をするのが普通です。

 

相続放棄は、他の相続人が相続放棄をしなくても、

1人でも行うことが出来ます。

 

相続放棄の手続は、相続開始地の家庭裁判所に対して申述し、

この申述を受理する審判により、

相続放棄は成立し効力が発生します。

 

被相続人の債権者などに相続放棄をする旨の

内容証明を送付しても一切効力はありませんので、

留意が必要です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

明らかに資産より債務が多い場合、

相続放棄により債務を回避したほうがよいでしょう。

 

では、資産と債務どちらが多いか

分からない場合はどうでしょうか。

 

資産の方が多いと思い相続した結果、

多額の債務が発覚し、借金を背負うことになったり、

債務の方が多いと思い相続放棄した結果、

実は資産の方が多くて損してしまったなんてことが

あるかもしれません。

 

そのような場合は「限定承認」という手段をとることができます。

「限定承認」については次回お話しします。

 

 

【ひょっとしてあなたにも相続税がかかるかも!? 】

【確認するにはこちら↓↓】

btn-soudanform_on

===========================================================

東京税経グループ
公式ホームページ → http://www.tokyozeikei.jp/
Facebookページ → http://www.facebook.com/tzc.group
メールマガジン購読 → http://nnp.y-ml.com/form_if.cgi?id=Daily&u=

コメントを残す

必須欄は * がついています