特別プラン 【セカンドオピニオンサービス】

ホーム > 特別プラン
セカンドオピニオンサービス

Q.セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは医療業界で使われ始めた言葉です。

直訳すると第二の意見となり、主治医以外の医師の意見を聞き複数の選択肢を知り比較しようという認識がセカンドオピニオンの考え方です。

この考えを税理士に応用したものが今回ご紹介する弊所のセカンドオピニオンサービスになります。

企業会計・税務も同様に、顧問税理士の判断以外に、他の税理士の意見を求める「税金版」セカンドオピニオンというサービスがございます。
高度で複雑化する税務の最新情報を常に把握し分析を続けている、東京税経センターでセカンドオピニオンを承ります。

その1.相続や事業承継が発生した場合やその対策を打ちたい

会社の顧問税理士がこの分野に精通していないとき、或いはプライベートな個人資産・交友等については知られたくない場合。
また、会社が他県・郊外にあるが個人相続財産の大半が都内のケース。

その2.二代目経営者が同じ世代の税理士に相談を求めたい

顧問税理士は、先代からの繋がり等でかなりの年配である。父親が会長等になり実質経営を引き継いだ二代目が、世代が近く価値観に共鳴してくれる相談者がほしい時。
フットワークがよく気軽に相談できる税理士が役に立つ。

その3.不動産や株式がの移転などについて相談を求めたい

節税や経営政策上、同族会社及び経営者一族間で不動産や株式の移転がおこなわれる。
この場合、その評価や移転スキーム等について専門知識を持った会計事務所に依頼したい場合。

その4.法人税や相続税の税務調査を受けたが納得いかない

十分に説明の無いまま税務署の主張通りに修正申告が必要となり、多額の税金を納付した又はこれからその可能性がある場合。

料金詳細
  • 月額                  10,000円~

申し込みはこちらから ≫

お電話での無料相談/お問い合せはこちら
簡単相続税申告

かんたん相続税申告とは?

かんたん相続税申告とは、小規模宅地等の特例や配偶者控除の特例適用を受けることによって、相続税の納税が生じない場合の相続税申告プランです。
つまり、相続税の申告義務はあるが、相続税の納税義務は生じない方のための特別プランです。

詳細はこちら ≫

 

かんたん相続税申告とは?

『顧問税理士を頼むほどの事業規模でもない』 『毎月の数字はほぼ自分で理解しているので、決算と申告だけお願いしたい』という方におすすめ。

詳細はこちら ≫

このページの上部へ

Copyright©2012 TokyoZeikeiCenter Co.,Ltd. All Right Reserved.