税理士をお探しの方へ

ホーム > 税理士をお探しの方へ

税理士はどうして必要?

 
税理士の役割

税理士は、税金に関する相談、手続代行、書類作成などの仕事を行う税務の専門家です。
税理士は財務・会計にも精通しており、多くのお客様との関係から様々なネットワーク
あるため多くの情報を持っています。

企業の経営分析や財務診断はもちろん、お客様のビジネスが属する「業種」「業界」についても
詳しく、様々な情報提供をすることができ経営のホームドクターとしての役割も担います。

私たちは顧問税理士を雇わずに痛い目に会った会社を数多く見てきました。
顧問税理士を雇って失敗した、社内で全てやれば良かった、という話を聞いたことはありません。

顧問税理士がいるメリット
  • タイムリーに会計数値を把握することができる
  • 経営上の問題への対処や節税対策を迅速に行うことができる
  • 税金の特例・納税の期限忘れ・決算対策や節税対策などで不必要な税金を支払うことがなくなる
  • 最新の会計や税金情報がタイムリーに分かりやすく提供される
  • 適切な会計処理と裏付けのある資料で税務調査も怖くない
  • 税理士が関与していることで金融機関からの借入金金利が低くなるケースも
  • 社長の資産形成や相続など 他人には相談しにくい内容も相談できる身近なパートナーとなる
いい税理士の探し方

いい顧問税理士を探すには、複数の税理士に会い料金やサービス、金額面、サービス面を比較しましょう。

そして何よりも相性の面で納得できる税理士(事務所)に依頼するべきです。
現在は多くの税理士がホームページのサイトを持っていますので、まずは検索・ピックアップして、
実際に会って話をしてから決めることをお勧めします。

また、ホームページが無い事務所はメールなどのツールが上手く使えないことがあります。

何の相談にも乗ってくれず、ただ税金の計算をするだけの税理士に割に合わない高い報酬を
払っている会社も数知れずですが、それは税理士を選ぶ際の手間を惜しんだ結果です。
いい税理士を探すためには以下のポイントを押さえて下さい。


・相性
・分かりやすい説明
・偉そうにしない
・業界を理解してくれる
・ITに精通している
・経営者と痛みを共有してくれる
・税務署ではなく社長の味方
・他の専門家
(弁護士や公認会計士など)との業務連携・紹介の方法がある

 

このページの上部へ

Copyright©2012 TokyoZeikeiCenter Co.,Ltd. All Right Reserved.